あああ

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画:トワノクオン 第6章 永久の久遠(Blu-ray)

<<   作成日時 : 2012/01/29 00:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

トワノクオン 第6章 永久の久遠 を見ました。劇場で見てるので2回目の視聴です。これで、一応ラストですね。

特典はいつもと同じで、ドラマCDとライナーノーツです。今回もコメンタリは、キャスト編とスタッフ編の2つが収録されています。キャスト編は、クオン役の神谷さんと上代役の三木さん。司会は藤津さんではない人でした。スタッフ編は、シリーズ構成、脚本、プロデューサー、藤津さん。映像特典で、5、6章のPVとDVD&Blu-rayの販売記念のイベントの映像が入っています。イベントのほうの映像は結構面白かったです。神谷さん、鳥海さん、入野さん、白石さん、小見川さんが出てらしたイベントで、編集も面白いとこ集めたような感じでした。

ドラマCDは、「さようならの向う側」ってことで後日談というほど時間はたってないですが、6章終了直後あたりのお話になっています。ギャグなしな感じのお話ですね。キャスト編のコメンタリーでは、その後のお話がわかるみたいな話がでてましたが、そこまでは行かない感じです。今回のお話の軽いオチみたいな内容になっています。

公式のtwitterにでてましたが、全六章の半券持っていてCDを交換できなかった人のための救済企画をやっているそうです。詳細は、こちら

ライナーノーツは、ストーリー、キャラクター、修正原画ギャラリー、音響監督、音楽(川井憲次さん)のインタビュー、川元さんのインタビュー、もりたけしさんの寄稿が載っています。クオンの最終形態みたいなのは、フュージョン・クオンというらしいのですが、設定的にはトワとクオンが精神的に融合したものらしいです。言われてから見るとそういう演出だったのかなぁとわかったけど、素でみたときはそこまではわかりませんでした。
あとは、サイボーグ舞台のひずるの最後の変なお面みたいなのの解説がのってます。劇場でみたときもなんでいつものフルフェイスじゃないのかなぁと思ってたんですが、一応理由があったみたい。ここら辺はキャスト編のコメンタリでも少しでてきます。

コメンタリーの方は、今回もキャスト編のほうがおもしろかったかも。最終章ってことでスタッフ編はまとめの話が多かった感じですし。ただ、キャスト編のほうもいつものに比べるとちょっと間が悪いというかあんまりスムーズな感じではなかったかも。ユリとミウを勘違いしてるようなところがあった気がするけど気のせいだったかなぁ。
スタッフ編のほうで、テーマは見た人か感じれば言いみたいな話があったけど、それと作り手がどういう意図で作ってるかってのは別の話だよなぁというのが少し気になりました。個々のお話はいいとして、なんか通してみると視点があっちこっち移り過ぎてて結局何がやりたかったのか少しぼやけてる印象が個人的にはありました。



他の章の感想は、こちら。
トワノクオン 第1章 泡沫の花弁
トワノクオン 第2章 混沌の蘭舞
トワノクオン 第3章 夢幻の連座
トワノクオン 第4章 紅蓮の焦心
トワノクオン 第5章 双絶の来復
トワノクオン 第6章 永久の久遠
トワノクオン 第1章 泡沫の花弁(Blu-ray)
トワノクオン 第2章 混沌の蘭舞(Blu-ray)
トワノクオン 第3章 夢幻の連座(Blu-ray)
トワノクオン 第4章 紅蓮の焦心(Blu-ray)
トワノクオン 第5章 双絶の来復(Blu-ray)





飯田馬之助監督の作品紹介で何度か出てきてたので、おいら宇宙の探鉱夫を見てみました。結果的にはすごく面白かったですが、残念ながら2巻までしか出てなくて未完です。作品が出た当時は知らなかったんですが、あんまり売れせんではなかったんでしょうか。

おいら宇宙の探鉱夫 [DVD]
ソフトガレージ
2006-11-22
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by おいら宇宙の探鉱夫 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


宇宙もののお話で、ラグランジュ・ポイントに固定されてる小惑星トータチスに住む子供牛若が主人公の物語になっています。宇宙船(作業船?)の操縦免許をとるための試験を受けている最中に、事故でトータチスが地球に向けて降下するルートに乗ってしまい…って感じで物語が進みます。1巻では、牛若の試験と裏で起きる事故というか事件?のお話がメインです。テンポよく進むし、お話も面白いです。


おいら宇宙の探鉱夫 [DVD]
ソフトガレージ
2006-11-22
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by おいら宇宙の探鉱夫 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


2話は、試験に合格するために時間内にトータチスに戻ろうとする牛若の話と、地球に向けて降下ルートに乗ってしまったトータチスでのお話になります。こちらもテンポよくて面白かったです。トータチス側では事故の後処理とか大変になっているのですが、牛若はあくまで試験に合格するために知恵を尽くしてトータチスに戻ろうとしていて、ちょっと間違うとただのわがままになってしまいそうですが、障害を乗り越えて戻ろうとしてるあたりの演出が面白いです。リアルさはよくわからないですが、説得力はあるしプラネテスとかと雰囲気的には似てるのかも。
トータチス側の事情は何やら裏があるのか、きな臭い状況になっていてこれからどうなるんだろうって感じですが作品としてはここまでで未完になっています。

なにやら裏の設定が色々あるみたいで面白そうな作品なんですが、続きがでることはないでしょうし残念な感じです。あと、未完で2話しかないのに、DVDが単巻売りってのもなんだかなぁという感じです。当然1枚に2話入ってるもんだと思って買ったのですが、1話しか入ってなくて驚きました。
お話自体は面白いので(完結してないのが残念ですが)、機会があったら見て損はない作品だと思います。

あやめちゃんを救う会の募金にご協力頂いた皆様へ。 1/10に無事日本を出国したとのお知らせを受けました。 手術のほうもうまくいくといいですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【最大74%OFF】アウトドア大処分セール






「一太郎」「ATOK」がクーポン利用で最大2000円OFFキャンペーン



おもちゃ在庫一掃セール

ホビー在庫一掃セール

映画:トワノクオン 第6章 永久の久遠(Blu-ray) あああ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる