小説:楓の剣!〈2〉ぬえの鳴く夜

楓の剣!〈2〉ぬえの鳴く夜 を読みました。楓の剣!の2巻目ですが、残念ながらもう古本で購入するしか入手手段はないみたいです。
江戸を舞台にした楓というじゃじゃ馬剣士の物語なのですが、どちらかというと主人公の楓が活躍するというよりは、楓が物語を引っ掻き回して、周りの面子が活躍するって感じがないでもないです。今回は辻斬り事件に妖刀が絡んで...という感じで物語が進みます。
今回は事件に柳生の一党が絡んでくるのですが、トリックというほどでもないですが普通に読んでて分かりやすい裏があるので、それ自体はかなり簡単にわかります。ただ、なんでそんなことしてるのかってあたりが一応今回のメインになるのかも。
前回は、弥比古がいいところは持っていった感じですが、今回は楓にも最後に見せ場があります。

一応、既刊ででてるのは次の3巻で終わりですね(今更続きが出たりはしないでしょうけど)。物語が完結してるか一話完結みたいな終わり方してるのかわかりませんが続けて読んでみようと思います。

既刊分の感想は、こちら。
楓の剣!


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 楓の剣!〈2〉ぬえの鳴く夜 (富士見ミステリー文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック