あああ

アクセスカウンタ

zoom RSS 小説:涼宮ハルヒの驚愕(後)

<<   作成日時 : 2011/05/31 01:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

涼宮ハルヒの驚愕(後) を読みました。初回限定の前後巻の方が安いのかなぁと思ってたんですが、単品で前巻、後巻買ったほうが少し安いんですね。結論から言うと小冊子の書き下ろし小説は、本編の方にはあまり絡んでこなかったので、すぐに読みたいって人でないのなら来月までまって購入してもいいのかも。

一応、前巻の方で起きていた問題は一通り後巻で幕を閉じた感じです。渡橋泰水の正体は、佐々木か九曜の創造によるものなのかなぁと思いましたが(キョンの家での反応とか、猫絡みの話で)当たらなかったですね。てっきり、ニコちゃんマークの髪飾りは、キョンの妹のところに行くのかなぁと思ったけど、この先そういうエピソードもあるのかなぁ。
前巻の終わりの(キョンの)勢いみたいなのは、後半頭にはなくて、読んでて楽しくはありますが、ちょっと中だるみ感があったかもしれないです。
分裂が戻るところ(というかα、βの関連性)は、ちょっと予想外の展開でしたが、消失ほどではないにせよタイムトラベル的な話もあったし、結構面白かったです。その後のキョンが飛んだ先とかは、この先の伏線か何かなんですかね。あとは、古泉がなんか想像してたより切れ者みたいだったり、国木田が(小冊子も含めて)結構意外な感じで出てきて、ここら辺もこの先何かに繋がってくのかもしれないです。

ちょっと長めのエピローグで、前後巻のお話の結末はだいだい説明されるし(なんで分裂が起きたかも)、お話としては閉じててよかったと思います。佐々木との絡みのところは、この巻でシリーズ終わっちゃうのかなって感じが一瞬しましたが、まだお話は続くようですし。

小冊子のあとがきによると、今後は短編ネタを形にして…とのことなので、どれくらい先になるかわからないですが、予定はあるみたいです。出たばかりでなんですが、なるべく早く読めるといいですね。

前巻の感想はこちら。
涼宮ハルヒの驚愕(前)


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 涼宮ハルヒの驚愕 初回限定版(64ページオールカラー特製小冊子付き) (角川スニーカー文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



涼宮ハルヒの驚愕(後)
角川書店(角川グループパブリッシング)
谷川 流
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 涼宮ハルヒの驚愕(後) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



涼宮ハルヒの驚愕(後): 2 (角川スニーカー文庫)Kindle版
Kindle版です。ハルヒはKindleの画面とかにも出てたし、一応メジャーなタイトルなんでしょうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【最大74%OFF】アウトドア大処分セール






「一太郎」「ATOK」がクーポン利用で最大2000円OFFキャンペーン



おもちゃ在庫一掃セール

ホビー在庫一掃セール

小説:涼宮ハルヒの驚愕(後) あああ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる