小説:ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち

ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち を読みました。
書評サイトで紹介されていて少し前に購入してたのですが、忘れて置きっぱなしになってました。

お話は、本好きな古書店の店長さんと、とある事情で本が読めない主人公が本にまつわる事件?を解決するお話になっています。少しミステリー仕立てなお話になっているのですが、店長さんの推理がなんか唐突すぎる明晰さで事件を紐解いていくので、そこら辺を期待すると少しあれ?って感じになるかもしれません。
どちらかというと本とそれに関わってる人たち想いみたいなのがメインのお話なのかも。一応、初めのエピソードから最後のエピソードが一本線で繋がる展開になるのですが、なんかそこまで無理やり繋げなくてもいいんじゃないかなぁと思いました。
お話を一冊にまとめるためには、こういう展開の方がやりやすかったのかなぁ。
ちょっと強引な部分もありますが、面白いことは面白かったです。

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック