PowerDVD9と最近のBlu-rayディスク

PowerDVD 9を使っているのですが(しばらく使ってなかったんですが…)、最近買ったBlu-rayディスクを再生しようとしたところ、ディスクの読み込みが終わった後

「このコンテンツの再生を続行するには、CyberLink PowerDVD を更新する必要があります。」

のメッセージが表示され、「はい」を押下すると

「プレイヤーアプリケーションの更新
 更新が完了しました。」

と表示はされるのですが、その後再生ボタンを押しても、「このコンテンツの…」のメッセージが表示され、以下状況がループするようになりました。
見れなかったBlu-rayディスクは、トワノクオン第5章のBlu-rayディスクなのですが、この現象が起きてからは再生できていたトワノクオン第4章のBlu-rayディスクも同様の現象で再生できなくなってしまいました。

CyberLinkのサポートに問い合わせたところ、PowerDVD9の開発は終了したのでバージョンアップ版の購入を検討してくれとのこと。

画像


Blu-rayはセキュリティ関係の仕組みでAACSキーというのを利用していて、それの更新を行わないとBlu-rayディスクの再生が行えないのですが、どうもCyberLinkのパッチダウンロードページのPowerDVD9の項を読むと、製品の開発が終了したので、AACSキーの更新も対応しませんということらしいです。
ソフトウェアのサポートに期限があるのは理解できますが、製品の性質上AACSキーの更新までストップされてしまうとこのソフトはBlu-rayディスクの再生に関して無用の長物ということになってしまいます。しかもなぜか今まで見れてたディスクまで見れなくなりましたし。

PowerDVDは、録画したファイルの2倍速再生なんかで利用していて、そちらのほうは特にAACSキーの話は関係無いので今まで通り利用できます。
ただ、Blu-rayディスクの再生を行いたいときもあるので(最近は民生機のポータブルBlu-rayプレーヤーを専ら使用してるのですが)、解決する方法がないこともないのでお知らせしておきます。

AnyDVD HDというソフトがあって、こちらを導入するとAACSキーの問題は解決できます。有料のソフトウェアなのですが、21日だけ試用が可能です。私が試したときは「AACS MKB version 24」のBlu-rayディスクまでは、試用版で再生することができました。

画像


トワノクオンの5章は、「AACS MKB version 28」らしくて試用版では再生できませんでしたが、購入したら再生できるようになりました。AnyDVD HD自体はちょっとグレーゾーンなソフトみたいですが、一応これを導入することで継続してBlu-rayディスクをPowerDVD9で再生することが可能です。
ただ、PowerDVD以外にもBlu-rayディスクを再生できるソフトウェアはあるので(WinDVDとか。これはどうやってAACSキーの問題を解決してるのでしょうか?)、無理にこんな手を使う必要はないのかも。
一応、2012年1月1日まで20%オフのキャンペーンをやっているので、興味が有る方は購入されてみてはいかがでしょうか?ライセンスを購入する形になっていて、1年間、2年間、3年間、4年間、無期限の5パターンのアップデート権が購入できる形になっています。

追記です。
もともとBlu-rayドライブ(バッファロー)にバンドルされていたPower DVD 7.3 HDを使用していて、avast!の問題の際にPower DVD 9に乗り換えました(そのときは問題は解決しなかったのですが)。
今回、PCを新調してソフトも入れなおした際に、バンドル版のPower DVD 7.3を入れなおしたところ、バンドル版用のパッチのダウンロードのお知らせが表示されて、AACSキーの更新ができました。いつまでやってくれるのかわからないですが、バンドル版のほうのサポートは継続してくれるみたいですね。


以前に投稿したPowerDVD関係のブログです。
PowerDVDとavast!について
PowerDVDとavast!について その後

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック