あああ

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画:マイマイ新子と千年の魔法(Blu-ray)

<<   作成日時 : 2012/01/15 03:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

マイマイ新子と千年の魔法 を見ました。リージョンALLのBlu-rayプレイヤーを買ったので、ためしにリージョンBのヨーロッパのほうのBlu-ray(ソフト)を買ってみてみました。ちょうどマイマイ新子と千年の魔法は、購入してなかったので、Amazon.itで注文してみました。
イタリアのAmazonで注文しましたが、言語はフランス語版です。

Blu-rayのほうは、本編と他に監督のインタビューが収録されています。インタビューは、外国向けのインタビューみたいで、説明とかが少し回りくどいような部分もありました(お話自体は日本語で答えています)。

映画館でみたときは、一回みただけだったのと、見た人の感想が結構べた褒めだったので、それほどでもないかなぁと思ったけど、見直してみるとやっぱりいい映画かなぁという感じです。
見直してみての感想は、子供だけの時の話は結構ファンタジー色が強い感じで、逆に大人たちのエピソードは現実的でシビアで、段々子供たちの世界が現実に侵食されてく感じの対比があるのかなぁと思いました。そういう意味では、ある種の成長(というわけでもないけど)がテーマなのかなぁと思ったけど、監督のインタビューを聞くと、子供同士の友情もの(新子と貴伊子)を描きたかったようです。

ちょっと残念なのが、日本語音声で再生していても、何箇所(複数)かで、強制的にフランス語音声に変更されてしまうようです。BDP-SX1000とPower DVD7でもそうだったので、たぶんディスク側の不良かなにかなのだと思いますが。一応、音声の選択をもう一度日本語に変更し直せば元には戻ります。
あと、字幕は消せるのですが、何かのタイミングで多分フランス語2のほうの字幕は復活してしまうみたい(駅名とか本のタイトルとか説明のための字幕)。

あとは、タツヨシとお父さんのお話は一回映画見ただけだとちょっと消化しきれてないかったみたい。それが前提で最後の新子とタツヨシの別れの言葉につながってるっていうのにちょっと気づけてませんでした。

監督のインタビューであった話で、日本ではあまり子供向きの映画ではないのではと言われたというのがあって(私もそう感じてたんですが)、フランスでは逆の評価だったらしいです。

お話自体も結構よかったし、監督のインタビューも結構面白かったので個人的には買ってよかったです。映画見た人の感想で、見直すと違った発見があるってのが結構あったのですが、確かに見直してみると気づかなかった点とか結構ありますね。

映画を見に行ったときの感想と、小説の感想はこちら。
マイマイ新子と千年の魔法
マイマイ新子

小説と映画版は少し内容が異なりますが、そこら辺は原作者の方とお話して了承をもらったような話もインタビューで語られてました。結構面白いインタビューでした。



これは、リージョンがBなので、日本のプレーヤーでは再生再生できないので注意が必要です。


マイマイ新子と千年の魔法 [DVD]
エイベックス・マーケティング
2010-07-23
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by マイマイ新子と千年の魔法 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



一応、国内のほうもつけておきますが、こちらはDVDだけみたいですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【最大74%OFF】アウトドア大処分セール






「一太郎」「ATOK」がクーポン利用で最大2000円OFFキャンペーン



おもちゃ在庫一掃セール

ホビー在庫一掃セール

映画:マイマイ新子と千年の魔法(Blu-ray) あああ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる