小説:憑物語

憑物語 を読みました。化物語シリーズの最新刊で、ファイナルシーズン3巻の1巻目になります。よつぎドールということで、一応斧乃木余接がメインということになるのかな?

お話は、序盤は暦と妹たち(主に月火)との取留めのないバカなお話から始まって、どうなるのかなぁって感じでしたが、ひょんなことから(このための序盤のバカ話だとするとすごい前フリだったのかも)暦が鏡に映らなくなってて、忍の力を使ってるわけでもないのになんで?ってことで、専門家の余接たちに相談するって形でお話が進んでいきます。
会話劇をメインに話が進んでいくので、ちょっと進み方が遅くてストレスを感じなくもなかったですが、今までとは少し違う展開で、これはこれで面白かったです。
今までも結構うさんくさかった忍野の姪だか甥ですが、余接によって黒幕だみたいな話が出てきました。結構暦にとっては唐突な話だったと思うけど、今回はスルーな感じでした。どの巻だったか忘れたけど、暦もなんか気がついて手を打っとこうかみたいな話があったと思うけど、ここら辺は次のおうぎダークに続く感じなんでしょうか。
今後のカギは忍野ってことみたいだけど、はたして再登場はあるのですかね。振るだけ振っといて出ませんでしたとかもありそうな作家さんだけど、どうなるでしょうか。

西尾維新さんの小説の感想は、こちら。
化物語(上)
化物語(下)
傷物語
偽物語(上)
偽物語(下)
猫物語 (黒)
猫物語 (白)
傾物語
花物語
囮物語
鬼物語
恋物語
少女不十分
悲鳴伝

憑物語
講談社
西尾 維新
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 憑物語 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック