小説:ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~

ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~ を読みました。本にまつわる事件を古書店の店長さんとバイト君が解決するミステリータッチの物語の4巻目になります。
記憶が間違ってなければ、今までは短編の集まりみたいな形式だったと思うけど、今回は1続きのお話になっています。作品は色々でてくるのですが、江戸川乱歩の著作って点でまとまっています。少年探偵団をモチーフにした子供向けの本とかは読んだ覚えがあるけど、多分江戸川乱歩の小説は読んだことないので、その点ではもったいなかったかもしれません。
お話は、とある江戸川乱歩のファンが残した金庫を開けるために、カギと暗号を解くみたいなお話になっています。ちょっと、今までの話以上に突拍子がない部分はあるかもしれません。とっかかり以外の部分はそれほど気にはならないけど。
今回も栞子さんのお母さんが登場します。序盤に出てきたけど、カギ探しのところですっかり忘れてて、あとは解決編かなぁと思ったら(まだ1/4くらいページ残ってたので、別の短編でもあるのかなぁと)、再登場で、そういえば出てきてたなぁと思い出しました。
依頼人が自分で謎を解かなくてもいいのかなぁと途中までは思ったけど、ラストのオチを見るとそんな必要もなかったのかなぁという感じでしょうか。
いろいろ作品は出てくるけど、触りくらいしか紹介はされなくて、知らなくても問題ないって辺りが、この小説の特徴なのかな? なんとなく本好きの人が本能の赴くままに小説にしちゃうと、解説本みたいになっちゃいそうな感じですが、そこら辺のバランスがいいのかもしれません。
R.O.Dみたいな荒唐無稽なお話だと、本のために何があっても、比較的すんなり読み飛ばせるけど、この本はそれなりにシリアスな部分もあるお話なので、度が過ぎると違和感が出てきちゃうかなぁって部分が少しあるのかなぁとは思いました。
あとは、参考文献なんかもいっぱい載ってるのでわかりますが、これ物語を書くのに調べてる量が半端無さそうだなぁってところでしょうか。調べ始めるとキリがなくなりそうだし、あとがきにも書かれてるけど当初の予定より時間かかっちゃうのは仕方ない感じかもしれないですね。

ドラマの方も始まった(まだやってるのかな?)みたいですが、好調なんですかね。ドラマを見なくなって久しいので、このドラマもみてないですが。最後に真面目に見た覚えがあるのは、振り返れば奴がいるだったかなぁ。海外ドラマだとERを見てたけど、カーターが出なくなった辺りからモチベーションが下がってしまいました。一応、DVDは廉価版が出たら買っているのですが(あと2シーズンくらいだったかなぁ)。

シリーズの感想は、こちら。
ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち
ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常
ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~
ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~
ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時~
ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~ (メディアワークス文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック