あああ

アクセスカウンタ

zoom RSS 小説:ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~

<<   作成日時 : 2014/12/29 18:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~ を読みました。6巻目ですね。今回は、初めの方のエピソードで出てきた太宰治の晩年のお話の続きみたいな感じになっています。
冒頭、大輔が怪我をしていて病院で寝ていて、栞子さんのお母さんが見舞い?に来て、どうしてそんなことになったのか尋ねて、それを回想するという形で物語が始まります。

元々そういう傾向はあったけど、本の中身自体より、その本の所有に関わる人達のお話という色が濃かったのですが、今回はよりそういう印象になっています。個人的には折角本に関わる物語なので、本の比重が高かったらいいのになぁという感じがあるかも。
更に今回は、登場人物同士の人間関係なんかも文字通り繋がり初めて来て、ちょっと出来すぎというか興味の焦点がずれてきてしまったかなぁという感じがしないでもなかったです。

本はどちらかというと読めれば良いくらいな立ち位置の人間なので、初版とかアンカットとか言われてもあんまり物欲はわかないかなぁって感じでしょうか。読む本とはもはや別の対象でアンティークみたいな感じに見えますし。

絶版マンガ図書館という絶版扱いのマンガを無料(広告付き)で公開しているサイトがあるのですが、ライトノベルなんかも少し置いてあります。
今後増えてくるのかわかりませんが(昨今の出版事情を鑑みると、初版で売れない本はほぼ絶版でしょうし)、どうなるのか気になるところですね。
残念ながら持ってるタブレットは、アプリ対応してなくて今のところPCでしか見れてないです。
契約期間がちょうど切れたので、WiMAZからWiMAX2+に代えて、無料でKINDLEが手に入ったのですが、趣旨的にアマゾンとは競合しそうですしね。
ちょっと驚いたのですが、マンガの方ですけど、ラブひなとか奇面組、燃える!お兄さんって絶版になってるんですね。

ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち
ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常
ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~
ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~
ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時~
読書狂の冒険は終わらない!
ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~ (メディアワークス文庫)
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
2014-12-25
三上 延
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~ (メディアワークス文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~ (メディアワークス文庫)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【最大74%OFF】アウトドア大処分セール






「一太郎」「ATOK」がクーポン利用で最大2000円OFFキャンペーン



おもちゃ在庫一掃セール

ホビー在庫一掃セール

小説:ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~ あああ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる