小説:ユリ熊嵐 上

ユリ熊嵐 上 を読みました。現在放映中のTVアニメ ユリ熊嵐のノベライズになります。輪るピングドラムと同様に高橋慶さんが書かれてるのかな?一応著者には、幾原さん、伊神さん(脚本の方?)、高橋さんの名前が書かれています。

アニメの方はもう3話まで放送しているのかな?MXは取り逃したのでBS11の方で録画していますが、まだ1話しか見れてないです。
本書は6章構成になっていて、ちょうど1章のところで1話のラストのところだったので6話分の内容になっているのかも。4話目辺りで過去のお話というか、物語の根っこの部分が少し見えてくるエピソードになっています。人魚姫とか鶴の恩返し的な部分もあるような物語にいまのところは見えますね。
序盤純花が出てくる辺りで、あ、この話過去の話なんだってわかる部分があって少し混乱したけど、それ以外はわかりやすくて面白かったです。TVアニメと同じ流れになるのかわからないけど(ピングドラムの時はほぼ同じ流れでした)、ネタバレとかが嫌いな人は放送見たあとで読んだほうがいいのかもしれません。
ピングドラムの眞悧みたいにいきなり新キャラが登場してこない限り、黒幕っぽいのは先生(他に人が居ないし)になるんですかね。お母さん絡みにいろいろありそうですし。てっきり銀子の罪は紅羽のお母さん絡みなのかと思ったけど、もっとダイレクトなものでした。直前にネタ振りといえばフリがあったわけですが…。
最後は、気になるところで終るのかなぁと思ったら、結構あっさりネタ明かされて終了してしましました。1クールアニメみたいなので6話なら折り返し地点ですよね。残り半分どんなお話になるのでしょうか。そう考えると今回は中巻はなくて下巻で終わりなのかもしれないですね。

高橋慶さんの小説の感想は、こちら。
輪るピングドラム 上
輪るピングドラム 中
輪るピングドラム 下
暗闇に咲く
君を綴る日
ユリ熊嵐 上
ユリ熊嵐 下

ユリ熊嵐 上
幻冬舎
伊神貴世,高橋 慶 幾原邦彦
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ユリ熊嵐 上 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ユリ熊嵐 上
Kindle番だと120円ほど安いみたいですね。結局本の原価の殆どは手間賃で紙代とかじゃないってことなんでしょうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック