小説:ユリ熊嵐 下

ユリ熊嵐 下 を読みました。TVアニメ「ユリ熊嵐」のノベライズ下巻になります。アニメの方は、9話までしか見れてないですが、内容的には同じなんですかね。話数と章数はあってるみたいですが。ちょっとエピソードのタイミングが違うようなところもあった気がしましたけど(記憶違いかもしれないですが)。

上巻の時点である程度ネタばらしは済んでる感じだったので、残りはどうなるのかなぁというところでしたが、お話的にはそれほど、おお!ってのはなくてそのまま終わってしまった感じでしょうか。あらすじと言うよりは登場人物の心情とかがメインになる下巻だったかなぁという感想です。
ちょっと予想外だったのは、紅羽の子供時代の願いとラストの紅羽の選択でしょうか。てっきり、実は紅羽がクマで願いで人間になってたのかなぁとか予想してたのですが。

ラストは、賢者の贈り物みたいなオチになったりしないのかと少しヒヤリとしましたが、多分そういうラストじゃないですよね。アニメで確認しようと思いますが。
今週分のアニメ予約しようと思って番組表みたら、まだ最終回放映してないんですね。先週放送分のSHIROBAKOとかが最終回になってたので、てっきりユリ熊嵐も最終回終わってたのかと思いました。

かなり閉じた物語でしたね。話数が少ないというのもあったのかもしれませんが。もう少し物語に山あり谷ありあったりするのかなぁと思ったけど、そのまま終わってしまったかなぁという感じ。

オリンピック代表勝ちましたね。山中、クロスの軌道はいいような気がしたけど、合わせられる人がいない軌道に蹴ってたような気もしていいのか悪いかよくわからん感じでした。
ベトナムのレベルとかもよくわからなんので、妥当な試合展開なのか予想外に苦しんでるのかも今一わかりません。そこら辺を報道してくれたらよさそうなもんだけど、マスコミの人もわからん感じなんでしょうか。アジアで勝ててないって話だと、これくらいは想定内な感じなんですかね。
まずはあと1戦、日程も厳しいみたいですが1次予選突破に向けてがんばって帰ってきてほしいですね。

高橋慶さんの小説の感想は、こちら。
輪るピングドラム 上
輪るピングドラム 中
輪るピングドラム 下
暗闇に咲く
君を綴る日
ユリ熊嵐 上
ユリ熊嵐 下
幻冬舎
伊神貴世,高橋 慶 幾原邦彦
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ユリ熊嵐 下 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック