映画:コードギアス 亡国のアキト 第2章「引き裂かれし翼竜」(Blu-ray)

コードギアス 亡国のアキト 第2章「引き裂かれし翼竜」 のBlu-rayを見ました。結局3章公開直前になっちゃいましたね。出た時購入はしたのですが。

劇場に見に行った時の感想は、こちら

Blu-rayの特典系は、ライナーノートとCLAMPさんのラフスケッチ、エンディングのイラストカードが付いてきました。
ライナーノートは、解説、これまでのあらすじ、2章の紹介、キャラクター紹介(ユーロブリタニア側中心)、ユーロ・ブリタニアの解説、ワイバーン隊の取った作戦の解説(これ見てる時はあんまり具体的には気が付きませんでした。1話の作戦と同じだったということみたいですね。コメンタリ聞いてて気が付きましたが)、ナイトメア紹介、アポロンの馬車の紹介、ブレインレイドシステムの紹介(アレクサンダの操縦システム)、ナイトメアデザイン原案の安田さんのインタビューが掲載されています。
ラフスケッチは、CLAMPさんなのでキャラ絵だけですね。アキト、レイラ、リョウ、アヤノ(結構雰囲気違う)、ユキヤ、ワイズ、クラウス、アンナ(も雰囲気違うかも)、ソフィ、オスカー、シンのイラストが掲載されています。

本編Discの方は、ピクチャードラマとコメンタリーですね。ピクチャードラマはワイバーン隊の面々がアレクサンダの操縦訓練の前段階をするみたいなお話で、本編の4人が繋がる話の補足みたいな感じになっています。
コメンタリーは、ワイバーン隊の3人(リョウ、アヤノ、ユキヤ)と監督、プロデューサーの5人。本編に関係ない話もあったけど、日笠さんがボケ倒す感じで結構面白かったです。
ガンダムのORIGINのコメンタリーも最近聞いてるのですが、聞いてるほうがいたたまれなくなるような時間帯があって、もう少しなんとかならんのかなぁと(特に大御所呼ぶと)。司会の人も本編とか作品に係る話なんか振らなきゃいいのに(答えられないから)って感じで、コメンタリーとしてはあんまりおもしろくなかったですね。単純なお話としては面白い部分もあったけど。

第3章の方は、公式で、10分公開とかやってるみたいですね。もう、明日見るしとりあえずはいいかなぁ。

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by コードギアス 亡国のアキト 第2章 (初回限定版) [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


シリーズの感想は、こちら。
コードギアス 亡国のアキト 第1章「翼竜は舞い降りた」
コードギアス 亡国のアキト 第1章「翼竜は舞い降りた」(Blu-ray)
コードギアス 亡国のアキト 第2章「引き裂かれし翼竜」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック