小説:放課後アポカリプス2

放課後アポカリプス2 を読みました。杉井光さんの新刊になります。2巻目ですね。途中で終わってるお話でしたが続きがでるとは思いませんでした。

週一度、普通の学校生活から天使と呼ばれる謎の生物?と戦うゲームの世界に強制的に引き込まれる設定のお話。1巻の最後でゲームだと思っていた世界が実は現実で、普通の生活の方がダミーだったと判明したところからの続きになります。
ちょっとお話の核心にふれるような設定が明らかになって、今までとは攻め方の違う天使が出現し、壊滅的なダメージを受けるのですが、気が付くと天使が襲撃してくる前の学校生活に戻っていて…という感じで物語が展開していきます。
面白かったけど、緋色がトリック?に気が付いた部分が少し唐突に感じました。ちょっとこれだけの情報で確定的なことがわかったかなぁという感じで。
すべて方付いてひと段落というところで、また新たな展開があって次巻に続くとなります。というか続き出ますよね。

ゼノンのパラドックスの話は始めよくわからなかったけど、物語のネタとしてはなるほどって感じでした。謎解きが終わるとそういうことかという感じで。金銭感覚が狂う当たりのオチも面白かったです。大人買いとかするようになると昔と比べて金銭感覚狂ってるなぁとなんとなく思いました。

あとがき読むと、SF的な着想じゃなくて杉井さんの子供の頃の夢的なところが大きかったエピソードみたいですね。上の話も含めてちょっと着眼点が意外な感じでした。
私が中学のころはスニーカー文庫、薄いので420円くらいだったかなぁ。今中学生だったら確かに月一冊買うのがせいぜいだったかもしれませんね。

今、杉井さんの小説で続いてるのはこれと、生徒会探偵キリカくらいでしょうか。次読めるのはいつくらいですかね。
日比谷線遅れてたせいで、車内で読み終わってしまいました。

杉井光さんの小説の感想は、こちら。
神様のメモ帳4
神様のメモ帳5
神様のメモ帳6
神様のメモ帳 7
神様のメモ帳 8
神様のメモ帳 (9)
シオンの血族1 魔王ミコトと千の花嫁
シオンの血族2 魔王ミコトと九十億の御名
シオンの血族3 魔王ミコトと那由他の十字架
剣の女王と烙印の仔I
剣の女王と烙印の仔II
剣の女王と烙印の仔III
剣の女王と烙印の仔IV
剣の女王と烙印の仔V
剣の女王と烙印の仔VI
剣の女王と烙印の仔VII
剣の女王と烙印の仔 VIII
生徒会探偵キリカ1
生徒会探偵キリカ2
生徒会探偵キリカ3
生徒会探偵キリカ4
生徒会探偵キリカ5
生徒会探偵キリカ6
楽聖少女
楽聖少女2
楽聖少女3
楽聖少女 (4)
神曲プロデューサー
東池袋ストレイキャッツ
放課後アポカリプス
六秒間の永遠

-----------------
sent from W-ZERO3
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 放課後アポカリプス2 (ダッシュエックス文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック