小説:夜桜ヴァンパネルラ (2)

夜桜ヴァンパネルラ (2) を読みました。杉井光さんの新刊になります。吸血鬼ものの物語の2巻目になります。

警察に所属する真祖の吸血鬼の主人公が凶暴化した吸血鬼を処分するみたいな設定の物語。今回は、それとは別に法的根拠に基づかずに吸血鬼を処分する特别防疫局の浄血官というのが登場して、ともに吸血鬼に絡む事件に当っていくことになります。
メインの事件は、浄血官に恋人を殺された吸血鬼の復讐のお話に、自分の興味のためだけに吸血鬼のコロニーを作りの研究をしている吸血鬼なんかが絡んでお話が進んでいきます。

結構面白かったです。単純な復讐劇なのかと思って読んでいたら最後にそういうことだったのかと展開があって。ただ、事件のすべては見えてこなかった感じになるのでしょうか。白大人の差金ということでもないみたいだったし。
あとは、一人でなんでもやろうとしていた主人公の倫子が気づきというか成長?を地味にしてってるのかなぁという辺りが今回面白かったところでしょうか。目的はそうかわらなさそうな組織を出してきたところの意義があったというか。嫌味を言うだけみたいな感じだった捜査一課の面々(特に宇佐美?)も今回は面目躍如という感じだし。

今回は結構短い期間で続きでた感じだけど、とりあえずはこのシリーズメインで書かれてく感じなんですかね。生徒会探偵の方はあれで終わりだったのかな?あとがきでは特に触れられてなかったですが。
あとがきでは、吸血鬼の弱点に関して少し解説っぽいことが書かれています。招かれないと家に入れないというのは確かによく聞きますね。この作品では用いないことにしているそうです。ここら辺の話だと、田中芳樹さんのウェディング・ドレスに紅いバラの本編内でなんで聖書や十字架が弱点になるのか結構おしろい解釈がありました。

杉井光さんの小説の感想は、こちら。
夜桜ヴァンパネルラ
神様のメモ帳4
神様のメモ帳5
神様のメモ帳6
神様のメモ帳 7
神様のメモ帳 8
神様のメモ帳 (9)
シオンの血族1 魔王ミコトと千の花嫁
シオンの血族2 魔王ミコトと九十億の御名
シオンの血族3 魔王ミコトと那由他の十字架
剣の女王と烙印の仔I
剣の女王と烙印の仔II
剣の女王と烙印の仔III
剣の女王と烙印の仔IV
剣の女王と烙印の仔V
剣の女王と烙印の仔VI
剣の女王と烙印の仔VII
剣の女王と烙印の仔 VIII
生徒会探偵キリカ1
生徒会探偵キリカ2
生徒会探偵キリカ3
生徒会探偵キリカ4
生徒会探偵キリカ5
生徒会探偵キリカ6
楽聖少女
楽聖少女2
楽聖少女3
楽聖少女 (4)
神曲プロデューサー
東池袋ストレイキャッツ
放課後アポカリプス
放課後アポカリプス2
六秒間の永遠

夜桜ヴァンパネルラ (2) (電撃文庫)
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
2016-01-09
杉井光
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 夜桜ヴァンパネルラ (2) (電撃文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック