小説:押絵と旅する美少年

押絵と旅する美少年 を読みました。西尾維新さんの新刊になります。6人の美少年(主人公は男装の女の子。ただし特に隠してはいない)による探偵団の活躍?を描いた美少年シリーズの4巻目です。

結構面白かったです。ミステリー?的にはそんなでもなかったかもですが。西尾さんの作品の中では一番面白い主人公かも。

今回は美少年探偵団が占拠している美術室に謎の羽子板が置かれていて…というところから話が始まります。ちょうど、そのときに眉美が偶然口の悪い座敷童のような女の子とすれ違っていてという感じ。

考えてみればすぐそこに気がついきそうなものですが、咲口先輩の話がでるまで正体に気がつきませんでした。
お話の方はそれほどでもなかったかもですが(最後の眉美の推測がちょっと意外だったくらい?)、眉美の思考がなかなかツボに入りました。

電車で読みながらつい吹き出してしまったものを引用すると
・咲口先輩だけあだ名で呼んでいないのを受けた答えで
「い、いや、だって、咲口先輩はは、三年生だもの。いくらなんでも先輩をロリコン野郎とは呼べないでしょ?」

・冬期合宿があると聞いて行きたくなくて
あと、できれば冬期合宿案を潰したいーわたしが行かないのは当然としてもわたし抜きで行かれるのもなんかイヤだ。

・咲口先輩に、座敷童のような女の子と友達になってほしいとたのまれて
(もしも、性格が悪いもの同士の間に友情が成立しやすいでも思ったのなら、それは優秀な生徒会長にはあるまじき軽率な判断ミスだと言えるー性格の悪いも者は性格のいい人間としか友達になれない)

など。

最後にヒョータをメインにした短編が収録されています。あとがきによると、集団を書きたい作品だけど個人にも焦点をあてたくて書かれた旨の話が載ってました。

次の「パノラマ島美談」は10月20日発売とのこと。2ヶ月連続になりますね。アマゾンだと18日になってたかも。
忘却探偵シリーズの「掟上今日子の旅行記」も10月のはずですが発売日は書かれてませんでした。年内だと伝説シリーズの「非衛伝」、物語シリーズの「結物語」が載ってたけど、11月、12月で出す感じなのでしょうか。

西尾維新さんの作品の感想は、こちら。
化物語(上)
化物語(下)
傷物語
偽物語(上)
偽物語(下)
猫物語 (黒)
猫物語 (白)
つばさボード
傾物語
まよいキャッスル
花物語
囮物語
なでこミラー
鬼物語
しのぶサイエンス
恋物語
憑物語
暦物語
終物語
終物語 中
終物語(下)
続・終物語
愚物語
業物語
撫物語
劇場版 傷物語 I 鉄血篇
劇場版 傷物語II 熱血篇
少女不十分
悲鳴伝
悲痛伝
悲惨伝
悲報伝
悲業伝
悲録伝
悲亡伝
りぽぐら!
掟上今日子の備忘録 第一話
掟上今日子の備忘録
掟上今日子の推薦文
掟上今日子の挑戦状
掟上今日子の遺言書
掟上今日子の退職願
掟上今日子の婚姻届
掟上今日子の家計簿
十二大戦
人類最強の初恋
美少年探偵団 きみだけに光かがやく暗黒星
ぺてん師と空気男と美少年
屋根裏の美少年
人類最強の純愛
難民探偵


押絵と旅する美少年 [ 西尾 維新 ]
楽天ブックス
講談社タイガ 西尾 維新 キナコ 講談社発行年月:2016年09月21日 予約締切日:2016年09


-----------------
sent from W-ZERO3

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック