小説:大あくびして、猫の恋 猫の手屋繁盛記

大あくびして、猫の恋 猫の手屋繁盛記 を読みました。かたやま和華さんの新刊になります。猫の手繁盛期シリーズの3巻目ですね。これ結構人気あるのでしょうか?

人の姿のまま猫になってしまった武士の宗太郎が、善行を積めば人の姿に戻れるということで、猫の手貸しますの何でも屋で人助けをする感じの物語になっています。本巻では中編2つと短編1つみないな構成です。
特にこれ!という売りがある物語はではないですが、江戸の町で起きるちょっとした事件をとり上げる感じの何気ない物語が面白いです。

・にゃこうど
 長屋で飼われている猫が昼間、どうも他所でお世話になっているらしい…ということで、宗太郎に猫が昼間どこでお世話になっているか探してほしいという依頼がくるのですが…という感じでお話が進んでいきます。そこにつながっていくのか(タイトルとかあんまり意識してなかったので)という感じでした。

・奇妙奇天烈な白猫姿の宗太郎が、語る
 とある会合に賑やかしとして招かれた宗太郎が、最後に1つ話を請われれて、かつて出会った不思議な老人のお話を始めるのですが…というお話。地味にいい話でした。

・男坂女坂
 初めの話の後日談なのかなぁという入りでしたが、そこに引っ掛けて宗太郎の恋のお話でした。これも結構いいお話でしたね。

あやかし時代小説と書かれていて、ちょっぴり不思議な江戸の町のお話になっています。少し薀蓄もあって(どれくらい正しいのかわからないけど)、そこら辺も面白い小説になっている感じです。

かたやま和華さんの小説の感想は、こちら。
猫の手、貸します 猫の手屋繁盛記
化け猫、まかり通る 猫の手屋繁盛記
・・楓の剣!
楓の剣!〈2〉ぬえの鳴く夜
楓の剣!〈3〉―かげろふ人形
不思議絵師 蓮十―江戸異聞譚
不思議絵師蓮十―江戸異聞譚〈2〉
紫陽花茶房へようこそ ~ふたりのための英国式魔法茶~
紫陽花茶房へようこそ~夜の茶会は英国式で~
紫陽花茶房へようこそ ~夜のお茶会への招待状~
きつね王子とひとつ屋根の下
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 大あくびして、猫の恋 猫の手屋繁盛記 (集英社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック