小説:ビブリア古書堂の事件手帖(7) ~栞子さんと果てない舞台~

ビブリア古書堂の事件手帖(7) ~栞子さんと果てない舞台~ を読みました。三上延さんの新刊になります。あとがきによると本編としてはラストのようです。最後の方、もしかしてこれで終わりなのかなぁと思って読んでたら終わってしまいました。

シェークスピアの本にまつわるお話になっています。正直、栞子さんの家の話は今一面白くないかなぁと思って読んでましたが今回のは面白かったです。ただ、ちょっと現実味が薄い感じはあったかも。
おじいさんに当たる人が仕掛けた謎かけを使用人の人が引き継いで栞子さんとお母さんがそれにいどむみたいなお話になってます。

個人的には本は読むためのもので、骨董品的価値は見いだしたりはしないので(昔と違ってテキストがあるなら本にするのは無茶苦茶大変ではないのでしょうし)、今一こういうのにこだわる感覚がわからないかなぁというのはあったかも。なんというかもう題材が本じゃなくてもいいよねという感じで。

古本屋さんとかは今どんな感じなんですかね。社会人の2、3年目くらいまでは、絶版本とか探してまわったりはしたけど。柏にあった3件くらいはもうつぶれてなくなってるよなぁ。
新刊売る本屋も段々つぶれてってるし、そこの流通がなくなってくると古本屋にも影響しそうですよね。
古本屋の主力商品が高い価値のある本ばかりじゃないでしょうし。

あとがきによると、実写とアニメとで映画化の予定があるそうです。本にまつわるお話としては面白かったけど、メイン?の栞子さんたちの話はそれほっでもなかったかなぁという感想ですが、どこら編を映像化するんですかね。そういえば見なかったけどドラマのできはどんなだったのかなぁ。

三上さんの小説の感想は、こちら。
ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち
ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常
ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~
ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~
ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時~
ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~

読書狂の冒険は終わらない!
-----------------
sent from W-ZERO3


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック