小説:水晶宮の死神 (Victorian Horror Adventures 3)

水晶宮の死神 (Victorian Horror Adventures 3) を読みました。田中芳樹さんの新刊?になります。ヴィクトリア朝怪奇冒険譚三部作の締めです。

歴史上の登場人物が出てきつつ、ちょっと不思議な(というか説明がつかない)事件が起こって、叔父と姪のコンビが巻き込まれるシリーズの3作目になります。
今回は遊びに行ったクリスタルパレスで、死体が見つかってまた事件に巻き込まれていきます。

当時の風俗とかを知るって意味では面白い読み物なのですが、ストーリーとしてはちょっと…という感じだったかも。田中さん的にはそこがメインではないということなんでしょうけど、オチというか真相は投げっぱなしだし。
舞台設定と登場人物にはある程度縛りがあったのでしょうけど、ほぼなんでも書けてしまうところの物語としてはちょっと面白みにかけるかなぁというのが個人的な感想です。

旧作の文庫化なんかは出てるけど、新作は次のアルスラーン戦記辺りで打ち止めだったりするのですかね。ちょっと途中で脱落しちゃったので、創竜伝がどこら辺で止まってるのか(完結してなかったと思うけど)わからないけど、他にも止まってるシリーズとかってあるのかなぁ。薬師寺涼子のシリーズは1話読み切りだから別にラストはあってもなくてもいいだろうし。


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 水晶宮の死神 (Victorian Horror Adventures 3) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


田中芳樹さんの小説の感想は、こちら。
ラインの虜囚
月蝕島の魔物 (Victorian Horror Adventures)
髑髏城の花嫁 (Victorian Horror Adventures 2)
蘭陵王
アルスラーン戦記〈1〉王都炎上
アルスラーン戦記〈2〉王子二人
アルスラーン戦記〈3〉落日悲歌
アルスラーン戦記〈4〉汗血公路
アルスラーン戦記〈5〉征馬孤影
アルスラーン戦記〈6〉風塵乱舞
アルスラーン戦記〈7〉王都奪還
アルスラーン戦記〈8〉仮面兵団
アルスラーン戦記〈9〉旌旗流転
アルスラーン戦記〈10〉妖雲群行
アルスラーン戦記読本
アルスラーン戦記〈11〉魔軍襲来
アルスラーン戦記〈12〉暗黒神殿
アルスラーン戦記〈13〉蛇王再臨
アルスラーン戦記〈14〉天鳴地動
アルスラーン戦記〈15〉戦旗不倒
魔境の女王陛下 薬師寺涼子の怪奇事件簿
薬師寺涼子の怪奇事件簿 海から何かがやってくる
タイタニア〈1〉疾風篇
タイタニア〈2〉暴風篇
タイタニア〈3〉 旋風篇
タイタニア4<烈風篇>
タイタニア5 <凄風篇>

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック