小説:天涯無限 アルスラーン戦記 16

天涯無限 アルスラーン戦記 16 を読みました。田中芳樹さんの新刊になります。とうとう最終巻です。

Amazonで酷評されてたので覚悟して読みましたが、それほどひどくはなかったです。なんというか中国の歴史小説とかでよくある最後はシオシオな展開だと思えばこういう展開になるのかなぁという感じ。物語の面白さはさておき。

ナルサス(とアルフリード)を失い最大の危機を迎えたアルスラーン陣営にアンドラゴラスに乗り移ったザッハークの陣営が迫るという展開。
戦記ものにありがちな終盤どんどん主要キャラがなくなって…という感じで最終決戦となるのですが…というところ。
ラストはちょっと意外なオチでした。アルスラーンという言葉に無理矢理意味付けして閉じた感はあるかも。もはやアルスラーン戦記じゃないよねというか。

クローズする方向にもっていくので仕方なかった部分もあるのかと思いますが、伏線なのかと思われた部分がなんというかばっさりねじ伏せられてくので、なんのための伏線だったのかみたいなところは多々あったかも。最初からこんな展開で終わらせるための伏線だったのか。
物語の枝葉的にはルクナバードの選択基準はなんだったのかとかザッハークが意外に小物だったり(前巻までほどの絶望感はなかった)、もうちょっとなんとかならなかったのかなぁといところはあったかも。

惜しむらくは角川文庫版までにあった物語としての面白さが新書版になってから巻を追うごとに減っていったことでしょうか。あのときの勢いのまま(とは言え間あいての刊行ではありましたが)、最後まで突っ走ってたら同じ結末でももう少し楽しめたのではないかなぁというところ。それとも当初予定通りの展開だったのか。唯一面白かったヒルメスのエピソードも最後はなんだかなぁというものになってしまったし。

とりあえずは走り続けていたわけではないでしょうけどお疲れさまですね。
銀英伝もアニメ化されるみたいだし読み直してみるかなぁ。最後読んだの何年くらい前だろうか。



amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 天涯無限 アルスラーン戦記 16 (カッパ・ノベルス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


田中芳樹さんの小説の感想は、こちら。
ラインの虜囚
月蝕島の魔物 (Victorian Horror Adventures)
髑髏城の花嫁 (Victorian Horror Adventures 2)
水晶宮の死神 (Victorian Horror Adventures 3)
蘭陵王
アルスラーン戦記〈1〉王都炎上
アルスラーン戦記〈2〉王子二人
アルスラーン戦記〈3〉落日悲歌
アルスラーン戦記〈4〉汗血公路
アルスラーン戦記〈5〉征馬孤影
アルスラーン戦記〈6〉風塵乱舞
アルスラーン戦記〈7〉王都奪還
アルスラーン戦記〈8〉仮面兵団
アルスラーン戦記〈9〉旌旗流転
アルスラーン戦記〈10〉妖雲群行
アルスラーン戦記読本
アルスラーン戦記〈11〉魔軍襲来
アルスラーン戦記〈12〉暗黒神殿
アルスラーン戦記〈13〉蛇王再臨
アルスラーン戦記〈14〉天鳴地動
アルスラーン戦記〈15〉戦旗不倒
魔境の女王陛下 薬師寺涼子の怪奇事件簿
薬師寺涼子の怪奇事件簿 海から何かがやってくる
タイタニア〈1〉疾風篇
タイタニア〈2〉暴風篇
タイタニア〈3〉 旋風篇
タイタニア4<烈風篇>
タイタニア5 <凄風篇>

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック