小説:STEINS;GATE0 -シュタインズ・ゲート ゼロ- 亡失流転のソリチュード 上

STEINS;GATE0 -シュタインズ・ゲート ゼロ- 亡失流転のソリチュード 上 を読みました。浜崎達也の小説ですが、ノベライズですね。タイトル全部入り切ると思わなかった。

Amazonプライムでゼロのアニメ、1話か2話くらいまで見たのですがちょっと内容は違うみたいな感じ。あとがきによると、ゲームオリジナルルートからの分岐らしいですが、アニメと映画しか見てないのでよくわからず。

まゆりを助けられなかったα世界線から紅莉栖を助けられなかったβ世界線へ戻ってきた岡部。誤って紅莉栖を殺してしまった岡部は世界改変を諦めているみたいな状況からのスタート。
過去からは第3次世界大戦からの荒廃を食い止めるために鈴羽がまゆりの養女になっていたかがりという少女とともに現在へ来たのですが…というような状況。
紅莉栖の先輩の真帆が学会の発表で日本を訪れたのですが、そこではAIで紅莉栖の人格が再現されていて…。

はじめ過去の話から始まって、鈴羽と一緒に来たはずのかがりが全然出てこなくて?となりましたが、お話はそこから動き出す感じに。
途中、断章として幕間にかがりのお話が挿入されてく感じですかね。
鈴羽がタイムトラベルの途中でかがりと離れ離れになったことを岡部たちに打ち明けてからお話が動き出して、ルカ子が岡部に持ち込んだ相談ごとでお話がつながるような感じになっています。

鈴羽のやってきた世界線には紅莉栖(クリス?)がいたっぽいけど、こっちの世界ではすでに死んでることになってるのはなんでなんですかね。鈴羽も突っ込まないし。直接β世界線と鈴羽のいた未来とはつながってないのでしょうか。


浜崎達也さんの小説の感想は、こちら。
劇場版 Steins;Gate 負荷領域のデジャヴ
劇場版 STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ 上: 6
劇場版 STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ 下: 7
アキバタリアン 千の屍、夏、終わりの♯


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック