【PC】空き容量の拡張(Windows10)

デジカメの写真とかもろもろを格納してたパーティション(Eドライブ)の空き容量がなくなったので、空いてるパーティション(Gドライブ)から空き容量を移動してみました(まだ途中)

思いの外時間かかりそうなので暇つぶしに記事にまとめてみました。

画像


OSはWindows10で、ソフトはEaseUS Partition Masterというのがフリーでググったら見つかったのでこちらを。

はじめからキャプチャー撮ってなかったので、はじめは省きます。
状況的には

Eドライブ 1.21TB …空きがなくなったパーティション
Gドライブ 900GB …空きがあるパーティション

Gドライブから空きを200GB捻出してEドライブを200GB拡張します。

1.空き容量を捻出

画像


 パーティションを拡張するには、拡張したいパーティションの前後に拡張する文の空きを作る必要があります。
 今回はEドライブの後ろのGドライブの前方に空きパーティションを作成することにしました。
 Gドライブのボリュームのところを右クリックすると「パーティションのサイズ調整/移動」というメニューがあるので選択します。

画像


 すると上のような画面(キャプチャー撮ってなかったので操作ガイドから借用。私の環境とは違います)が出てくるので、黒丸のあたり(前方)をクリックして、ぐぅーと右の方へ移動させて、Gドライブの先頭に空き領域を作成します。
 このソフト(この手のソフトはそういうもんだともいますが)、作業ごとにコミットする必要があるようです。適用をすると一番上の画面のように処理が実行されます。
 Gドライブの前方を空き領域にするために、今あるファイルを後方に移動させる必要があります(多分)。だからこの操作は時間かかるんですね。Gドライブが空なら時間かからんのでしょう。

画像


 拡張したいパーティションに、空き容量を拡張するためには、空き容量にパーティションを作成しておく必要があります。未割り当ての行を右クリックして「パーティションを作成」を選択します。ここはディスクマネージャとかでもできるはずですね。多分。

画像


 そのまま「OK」を押下。

2.空き容量の拡張

 これで空き容量を拡張する準備ができたので、拡張したいパーティション(Eドライブ)と空きパーティション(ここではPドライブ)をマージして、空き容量を拡張します。Eドライブの行を右クリックして、「パーティションをマージ」を選択。

画像


 Pドライブが選択できるようになっているので、左端のチェックボックスにチェックを入れて「OK」を押下。

画像


 処理が完了したら適用します。
 パーティションを作成したときに、適用するのを忘れてたので、操作が2つ(パーティション作成とマージ)になってしまいました。「はい」を押下。

画像


 操作を完了するためには再起動が必要とのこと。普通に考えたらパーティション作成で再起動は不要でしょうからマージに再起動が必要なんですかね。
 注意!
 ここで「はい」を押下すると問答無用で再起動がかかります。
 てっきり、このあと処理が走って再起動になるのかと思いました。保存してない部分の記事が書き直しになってしまいました(笑)。


 
画像


 「はい」を押下すると再起動となります。
 画面をキャプチャーできなかったので撮っていませんが、コマンドプロンプトっぽい画面で、2操作(パーティション作成とマージ)のオペレーションが実行されます。完了後更に再起動。
 その後、何らかのバッチ処理が走ってもう一回再起動。(この間はWindows10は起動せず)

画像


 Windows10が立ち上がると、Eドライブが200GBほど拡張されてました。
 というわけで、土曜日見た試合の画像もまだデジカメのなかなので、更新は明日以降になります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

イーザス
2018年09月10日 17:55
あああ
管理人様

お世話になっております。
EaseUS Softwareです。

突然のコメント、失礼致しました。

御サイト上で弊社の製品をご紹介頂きまして感謝しています。

この記事を拝読した後、ちょっとお願いしたいことがございますが、宜しいでしょうか?

より詳しい内容をお読みになりたいユーザーのために、記事中のアンカーテキストEaseUSをEaseUS Partition Masterにご変更頂けませんでしょうか?

お忙しい中お手数をお掛けまして大変恐縮でございますが、ご検討頂けば幸いに存じます。

どうぞよろしくお願い致します。

この記事へのトラックバック