小説:掟上今日子の乗車券

掟上今日子の乗車券 を読みました。西尾維新さんの新刊ですが、出てるの気づかなくて買うのが遅くなりました。眠ると記憶がリセットされてしまう忘却探偵シリーズの11巻目になります。

今回は探偵業の営業?を兼ねて今日子さんとボディーガードの親切守との二人で旅行に行くお話になっています。行く先々で当然のように起こる事件に首を突っ込んで?解決していく感じ。

・今日子さんin寝台特急『ひらめき』
 寝台特急の中で起きた殺人事件を乗り合わせた今日子さんが解決?するという感じのお話。全編に渡ってそんな感じではありますが、トリックのためのトリックという感じで、あんまり真面目に推理してもしかたないのかなぁという事件は多めかも。なんというか警察が普通に操作すればわかりそうなというか。

・山麓オーベルジュ『ゆきどけ』
 同席することになった裁判官の人との会話で、同期がよくわからないまま裁いた事件があって、今日子さんがその同期を推理するというお話。オチとしては比較的面白かったかもしれません。見方の逆転というか。

・高速艇『スピードウェーヴ』
 ある島に向かう際に、乗船した船で、施錠された操縦室の船長と副船長が何者かに襲われて…というのを恭子さんが解決するお話。これは前の話と傾向が似てたことがあってなんとなくオチがわかりましたが、乗客を狙ったのかと思ったけど、もしかしたら…というのは気づかなかったです。

・水上飛行機『ウォータージェット』
 ある水上飛行機の運営会社の社長が飛行機の中で青酸カリを飲んで亡くなり、運行が延期に。紅の豚が好きな今日子さん、どうしても水上飛行機に乗りたくて無理やり首を突っ込んで…というお話。お話自体はつまらないくはなかったけど、オチとしては面白くなかったかも。

・観光バス『ハイスピードロード』
 夜行バスみたいな観光バスで、夜間走行中に守の臨席の人が殺されてて、守を守る?ために今日子さんが推理するというお話。動機の部分は理解できないものじゃなかったけど、トリックとしてはどうなんだろうという感じはあったかも。

・掟上今日子の五線譜(序)
 これだけ趣が他の異なっていて、守が主人公?のお話になっています。旅行から変えてきた今日子さんたち。不在中に届いた手紙の中に、隠館厄介からの手紙があって、冤罪で捕まっている彼のもとに守が訪れるのですが…というお話。
 ちょっと猟奇的な事件のお話(今日子が解決済み)をテストとして守が解かされることになります。
 いままでこういうラストがあったか覚えてないけど、次巻『掟上今日子の五線譜』の序章になっています。

見せ方としては面白かったけど、少しネタがなくなってきつつある感じはあるのでしょうか。ミステリー小説とか全然読まないんですが、長期で続いてるシリーズとかってネタにこまるような感じは読んでてないもんなんですかね。メインは登場人物の人間関係とかで。

西尾維新さんの小説の感想は、こちら。
掟上今日子の備忘録 第一話
掟上今日子の備忘録
掟上今日子の推薦文
掟上今日子の挑戦状
掟上今日子の遺言書
掟上今日子の退職願
掟上今日子の婚姻届
掟上今日子の家計簿
掟上今日子の旅行記
掟上今日子の裏表紙
掟上今日子の色見本
化物語(上)
化物語(下)
傷物語
偽物語(上)
偽物語(下)
猫物語 (黒)
猫物語 (白)
つばさボード
傾物語
まよいキャッスル
花物語
囮物語
なでこミラー
鬼物語
しのぶサイエンス
恋物語
憑物語
暦物語
終物語
終物語 中
終物語(下)
続・終物語
愚物語
業物語
撫物語
結物語
忍物語
宵物語
劇場版 傷物語 I 鉄血篇
劇場版 傷物語II 熱血篇
劇場版 傷物語III 冷血篇
少女不十分
悲鳴伝
悲痛伝
悲惨伝
悲報伝
悲業伝
悲録伝
悲亡伝
悲衛伝
悲球伝
りぽぐら!
十二大戦
美少年探偵団 きみだけに光かがやく暗黒星
ぺてん師と空気男と美少年
屋根裏の美少年
押絵と旅する美少年
パノラマ島美談
D坂の美少年
美少年椅子
人類最強の初恋
人類最強の純愛
人類最強のときめき
難民探偵
悲終伝
緑衣の美少年
掟上今日子の乗車券
講談社
西尾 維新
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック