小説:ご近所の平穏を乱す奴が相手なら、アラフィフ勇者の最強スキルを使わざるをえない!

ご近所の平穏を乱す奴が相手なら、アラフィフ勇者の最強スキルを使わざるをえない! を読みました。嬉野秋彦さんの新刊になります。

非常に独創的、オリジナリティあふれるタイトルですね。まったくネット上でも聞いた覚えのない独特のフレーズ!こんなの思いついたら使わざるをえないですよね!まったく。…なんかあったんですかね。

お話自体は面白かったけど、これ続きとか出せそうなのかなぁ。
かつて勇者として魔王を倒したパーティが年をとって、高齢者向けの職業安定所で日銭を稼ぎながら生活してるというところに、就職に失敗した若者がサポートメンバーとして入ってきて…というお話。

少し配役を変えたダンジョン・サーベイヤーという感じがしなくもなかったかも。
ちょっと序章感はあったけど、盛り上がる場面もあり、少し主人公にも見どころがあったり、少し謎を残しつつ終わる感じになっています。

前も少し書いたような気がするけど、お話面白いけどちょっと掴みにかけるというか、売りがない感じはしますね。続きはでないけど、新刊は出てるからある程度需要はある感じなんでしょうか。文庫じゃなくて単行本というあたりがその落とし所な感じなんですかね。

やすらぎの郷ってドラマを見たのが作品書かれたきっかけだそうです。面白いドラマだったんですかね。ホームページみたらDVD-BOXの再生不良のお知らせとか出てたけど。

最近2巻止まりのシリーズ多いけど、続き出るのかなぁ。

嬉野秋彦さんの小説の感想は、こちら。
黒鋼の魔紋修復士1
黒鋼の魔紋修復士2
黒鋼の魔紋修復士3
黒鋼の魔紋修復士4
黒鋼の魔紋修復士5
黒鋼の魔紋修復士6
黒鋼の魔紋修復士7
黒鋼の魔紋修復士8
黒鋼の魔紋修復士9
黒鋼の魔紋修復士10
黒鋼の魔紋修復士11
黒鋼の魔紋修復士12
黒鋼の魔紋修復士13
彼女は戦争妖精1
彼女は戦争妖精2
彼女は戦争妖精3
彼女は戦争妖精4
彼女は戦争妖精 小詩篇1
彼女は戦争妖精5
彼女は戦争妖精 小詩篇2
彼女は戦争妖精6
彼女は戦争妖精7
彼女は戦争妖精 小詩篇3
彼女は戦争妖精8
彼女は戦争妖精 9
ダンジョン・サーベイヤー 遺跡の街の“人間嫌い"
ダンジョン・サーベイヤー2 帰ってきた“神秘の瞳"
剣魔剣奏剣聖剣舞
剣魔剣奏剣聖剣舞2
魔術師たちの就職戦線
魔術師たちの就職戦線2
赫光の護法枢機卿
赫光の護法枢機卿2
いつかのレクイエム case.1 少女陰陽師とサウル王の箱
いつかのレクイエム case.2 少女忍者と剣の悪魔
Ruina 廃都の物語 1

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック