小説:魔弾の王と凍漣の雪姫 2

魔弾の王と凍漣の雪姫 2 を読みました。川口士さんの新刊になります。魔弾の王と戦姫のシリーズのミラをヒロインにしたお話としては別の物語になります。2巻目ですね。

前巻でジスタートに派遣されることになったティグル。早速ミラの元に向かうことに。
ミラの方は問題が起こっていて徐々に範囲を広げて行く不思議な森が領内の微妙な位置(国の直轄地やエレンの領内とも微妙に被る)にあってそれの対処のために話し合いに赴くところでした。
というわけでお話にエレンも絡みつつ、領内の貴族の揉め事でソフィーも関わってきて…という感じでお話が進んでいきます。
裏ではガヌロンがアスヴァールをそそのかして軍を動かしてきて…てな具合に物語に絡んできてお話が進む感じに。

今回もお話のメインは魔物の話しということになるんでしょうか。
一応結構長めなエピローグが用意されていて、そちらの方はどうやらアスヴァールのお話が次の話として関わってくるような感じになっています。次の巻が出せるのかわかりませんが。

あんまりifものという感じもなくて(なんか設定を引き継いでる感じもないし)、完全に別にお話という感じなのは前巻とかわらずですね。
前シリーズを読んでいるとニヤリとできるという感じでもあまりないかも。ライトメリッツが舞台となるのでルーリック(髪切る前)も出てきますが初対面なのでこれといってどうということもないし。弓がらみでちょこっとしたエピソードはありますが。

お話としては面白かったです。魔弾の王と戦姫的に面白いのかはともかく。
ティグルとミラの関係にニヤニヤするような展開が多いのかも。前シリーズみたいなラストにはしないのかもしれないですね。わざわざタイトルにヒロインのこと入れてるし。

コミカライズのお話が出てるとのことです。一応前シリーズのコミック版は買ったんですが、今のところこっちはいいかなぁ。前シリーズも途中で終わったし。こういうのってある程度儲かる目星があるからやるんですかね。あんまり最後までやってるのってないイメージだけど。



amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



川口士さんの小説の感想は、こちら。
魔弾の王と凍漣の雪姫
魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉
魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉2
魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉 3
魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉4
魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉5
魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉6
魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉7
魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉8
魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉9
魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉10
魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉11
魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉12
魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉(13)
魔弾の王と戦姫(ヴァナディース) (14)
魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉15
魔弾の王と戦姫<ヴァナディース>16
魔弾の王と戦姫<ヴァナディース>17
魔弾の王と戦姫<ヴァナディース>18
魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉風の運ぶ夢
魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉壁小話
魔弾の王と戦姫 片桐雛太画集
千の魔剣と盾の乙女
千の魔剣と盾の乙女2
千の魔剣と盾の乙女3
千の魔剣と盾の乙女4
千の魔剣と盾の乙女5
千の魔剣と盾の乙女6
千の魔剣と盾の乙女7
千の魔剣と盾の乙女8
千の魔剣と盾の乙女9
千の魔剣と盾の乙女10
千の魔剣と盾の乙女11
千の魔剣と盾の乙女12
千の魔剣と盾の乙女13
千の魔剣と盾の乙女14
千の魔剣と盾の乙女15
星図詠のリーナ
星図詠のリーナ〈2〉
星図詠のリーナ〈3〉
この家に勇者様もしくは救世主さまはいらっしゃいませんか?! 1
この家に勇者様もしくは救世主さまはいらっしゃいませんか?! 2
この家に勇者様もしくは救世主さまはいらっしゃいませんか?! 3
この家に勇者様もしくは救世主さまはいらっしゃいませんか?! 4
銀煌の騎士勲章1
銀煌の騎士勲章2
銀煌の騎士勲章3
銀煌の騎士勲章4
銀煌の騎士勲章5
折れた聖剣と帝冠の剣姫(1)
折れた聖剣と帝冠の剣姫(2)
折れた聖剣と帝冠の剣姫(3)
折れた聖剣と帝冠の剣姫(4)
黒獅子城奇譚

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック