小説:Ruina 廃都の物語 2

Ruina 廃都の物語 2 を読みました。嬉野秋彦さんの小説になります。ゲームが原作のものらしいです。年末に出てたらしいですが買い逃してたので、買って読んでみました。

ちょっと1冊の内容としては、中途半端な感じはあったけど、それほど悪いできでも(良くもない?)ない感じでしたが、アマゾンの書評ではさんざんな感じでしたね。
原作はそれほど面白かったということなんでしょうか。

幻?のアーガデウムに迷い込んでしまったウェンドリンたち。ちょっとゲームやってない側からすると、説明不足な感じで、現在に戻って、隣国から攻め込まれたのをなんとか撃退して終わるみたいな感じになっています。
なんか意味ありげに出てきてた公子が、なんというか小物というか俗物っぽさ満開で、少し最後はしおしおな感じはあったかも。
主人公たちは特別強いわけじゃないと思って読んでたので、要所、要所の活躍がちょっと意外な感じはありました。

あとがきによると2巻目が出る予定はなかったとのこと。思ったより1巻目が売れたということでしょうか。尺の問題で、いろいろ2巻目は切らなきゃいけなかったとのことですが、積極的にラストも変えていったみたいだし、嬉野秋彦さんの好みと、原作好きな人たちの好みが合わなかったという感じなんでしょうか。

なんか途中で終わってるシリーズ結構あるけど(2巻止まりが多い?)、もう続きは出ないんですかね。

黒鋼の魔紋修復士1
黒鋼の魔紋修復士2
黒鋼の魔紋修復士3
黒鋼の魔紋修復士4
黒鋼の魔紋修復士5
黒鋼の魔紋修復士6
黒鋼の魔紋修復士7
黒鋼の魔紋修復士8
黒鋼の魔紋修復士9
黒鋼の魔紋修復士10
黒鋼の魔紋修復士11
黒鋼の魔紋修復士12
黒鋼の魔紋修復士13
彼女は戦争妖精1
彼女は戦争妖精2
彼女は戦争妖精3
彼女は戦争妖精4
彼女は戦争妖精 小詩篇1
彼女は戦争妖精5
彼女は戦争妖精 小詩篇2
彼女は戦争妖精6
彼女は戦争妖精7
彼女は戦争妖精 小詩篇3
彼女は戦争妖精8
彼女は戦争妖精 9
ダンジョン・サーベイヤー 遺跡の街の“人間嫌い"
ダンジョン・サーベイヤー2 帰ってきた“神秘の瞳"
剣魔剣奏剣聖剣舞
剣魔剣奏剣聖剣舞2
魔術師たちの就職戦線
魔術師たちの就職戦線2
赫光の護法枢機卿
赫光の護法枢機卿2
いつかのレクイエム case.1 少女陰陽師とサウル王の箱
いつかのレクイエム case.2 少女忍者と剣の悪魔
Ruina 廃都の物語 1
ご近所の平穏を乱す奴が相手なら、アラフィフ勇者の最強スキルを使わざるをえない!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック