小説:響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ

響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ を読みました。武田 綾乃さんの小説になります。

高校の吹奏楽部を舞台にした小説です。アニメが面白かったので今更ですが読んでみました。
アマゾンと公式の方は品切れになってますね。マーケットプレイスでは買えますが。

どうでもいいところから感想を書くと、関西の方の物語なので登場人物のセリフが関西弁?になっています。主人公の久美子だけ(小さい頃?)関東から引っ越してきたという設定で標準語をしゃべっていますが。

中学最後のコンクールで全国大会出場はならなかった主人公の久美子。なんとなく流されるまま高校で吹奏楽を続けることになるのですが…というお話。
今一やる気のなかった吹奏楽部が、新しい顧問の先生を迎えて、反目や部活内の問題もありながら、京都府の予選に挑むまで(結果まで)のお話になっています。

アニメのほうが後発なので、いろいろ肉付けしてドラマティックになっている感じはあったかも。小説の方は少しあっさりというか。トランペットのソロのオーディションの話も少し、久美子の捉え方はアニメとは違うのかなぁという感じ。どっちがいいとかという話ではないですが。アニメでは久美子と麗奈の話に焦点を当てたかった感じなんですかね。小説だと二人のお話が進むのも中盤以降という感じですが。

劇場版 響け!ユーフォニアム~北宇治高校吹奏楽部へようこそ~
劇場版 響け!ユーフォニアム~届けたいメロディ~
リズと青い鳥
劇場版 響け! ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック