小説:白銀の墟 玄の月 第一巻 十二国記

白銀の墟 玄の月 第一巻 十二国記 を読みました。小野不由美さんの新作になります。

帯に18年振りの描き下ろし新作と書かれてるけど、前に出た丕緒の鳥 はなんかに掲載されてたやつだったんですかね。そんなには前ではなかったと思うけど。そもそもアニメ化してから読んだので大分後発組ですがというか十二国記じゃなくて書き下ろしが18年ぶりなんですかね。

黄昏の岸 暁の天の続きみたいな話です。蓬莱から帰還した泰麒でしたが、それだけではうまく行かず、戴の荒廃は進んだまま。国を救うために戦乱に消えた王を探す旅に。
結構ゆっくり物語は進む感じに、戴の現状と驍宗の消えた戦いの様子なんかを振り返りつつ、王を探す旅が続く感じに。
もうこの冬を越すことも不可能なんじゃないかという現状を見据えた泰麒は民を救うために李斎とは別行動をとるのですが…というところで二巻目に続きます。

あまり派手な展開はない感じですが面白かったです。なんか単純な弑逆ではなかった感じなのか阿選の方のその後の動きもよくわからずというあたりが今後の何か展開につながるのでしょうか。驍宗っぽい人物もでてきはしましたが何やら動けない様子。泰麒の行動がどういう方向に転がるかって感じですかね。

二巻目も同時発売になってるので引き続き読もうと思います。


月の影 影の海〈上〉 十二国記
月の影 影の海〈下〉 十二国記
風の海 迷宮の岸〈上〉 十二国記
風の海 迷宮の岸(下) 十二国記
東の海神 西の滄海 十二国記
風の万里 黎明の空〈上〉十二国記
風の万里 黎明の空(下) 十二国記
図南の翼 十二国記
黄昏の岸 暁の天(そら)〈上〉―十二国記
黄昏の岸 暁の天(そら)〈下〉―十二国記
華胥の幽夢 十二国記
丕緒の鳥 十二国記
魔性の子
屍鬼〈1〉
屍鬼〈2〉
屍鬼〈3〉
屍鬼〈4〉
屍鬼〈5〉
鬼談百景
残穢
黒祠の島
東亰異聞
白銀の墟 玄の月 第一巻 十二国記 (新潮文庫)
白銀の墟 玄の月 第一巻 十二国記 (新潮文庫)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント