小説:白銀の墟 玄の月 第三巻 十二国記

白銀の墟 玄の月 第三巻 十二国記 を読みました。小野不由美さんの小説になります。

面白かったけど、前巻のラストはなんだったのか?って感じの巻になってます。結構冒頭でわかることですが。
周りから驍宗を見限ったと思われた泰麒はそういうことはなく、李斎が確認した死者は驍宗ではありませんでした。それもあって李斎が泰麒を疑うような展開にもならなくて、ちょっと鬱っぽい展開を予想しましたが、徐々に展望が見えてくる感じに。
泰麒の方は囚われていた正頼と再開、逆転の手を打つために項梁と分かれることに。李斎の方も協力者も現れてあとは驍宗が見つかればという感じに。消去法でなんとなく居場所の目当ても…。

で、今回の件の真相的なものも明らかになります。その後の阿選の行動も不可解だったので、なんかやんごとなき理由でもあるのかと思いましたが、単純に阿選の心の問題みたいな感じでした。琅燦もよくわからんですね。裏があるのかそういう人物だったということなのか、これからまだお話に絡むのか。個人の主義で動いただけの割には被害が大きすぎる感じ。

で、最後に満を持してあの男が登場となります。お供え物を流してた親子のお話が伏線といえば伏線でしたね。少年の方に気を取られてて忘れてました。あの少年も出番はあれで終わりなんですかね。人違いというオチだったし。あんまりといえば、あんまりなお話づくりな気もしますが。

白銀の墟 玄の月 第三巻 十二国記 (新潮文庫)
白銀の墟 玄の月 第三巻 十二国記 (新潮文庫)

月の影 影の海〈上〉 十二国記
月の影 影の海〈下〉 十二国記
風の海 迷宮の岸〈上〉 十二国記
風の海 迷宮の岸(下) 十二国記
東の海神 西の滄海 十二国記
風の万里 黎明の空〈上〉十二国記
風の万里 黎明の空(下) 十二国記
図南の翼 十二国記
黄昏の岸 暁の天(そら)〈上〉―十二国記
黄昏の岸 暁の天(そら)〈下〉―十二国記
華胥の幽夢 十二国記
丕緒の鳥 十二国記
魔性の子
屍鬼〈1〉
屍鬼〈2〉
屍鬼〈3〉
屍鬼〈4〉
屍鬼〈5〉
鬼談百景
残穢
黒祠の島
東亰異聞
白銀の墟 玄の月 第一巻 十二国記
白銀の墟 玄の月 第二巻 十二国記

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント