銀河英雄伝説III SP

部屋を掃除してたらWindows95版の銀河英雄伝説III SPが出てきました。

IMG_7565.JPG

てっきりNECの98でやってたと思ったんですが、Windwos版も買ってたみたい。(少なくともIIとIは88でやってた気がする)
多分一番やったのがIIかIIIですね。IVまではやってて、VとVI(あったのかな?)とバンダイナムコからでてるのは殆どやってないはず

紆余曲折ありましたがなんとかゲームできるところまで行けました。Windows7では動くみたいです。

Windwos10上でのHyper-Vで32bit版のWindows7を立ち上げて、そこからリモートデスクトップでホスト(Windows10)からゲスト(Windows7)に接続する感じ。
はじめはWin98を入れようとしたのですが、emm386の読み込みがうまく行かなかったのとなぜかDOSから読み込ませたCDメディアからファイルが読み出せず。HDDにFDISKかけると起動できなくなる等で挫折。Windows7(64bit)ならうまく行くかなぁと思ったけど、そもそもプログラムが起動せず、そういえばゲーム32bitだったなぁと思って32bit版のWindow7で構築して起動してみたらうまくいきました。

1.Hyper-Vのセットアップ
 「プログラムと機能」を開いて「Windowsの機能の有効化または無効化」を選択。
キャプチャ.PNG
 「Hyper-V」、「Hyper-Vプラットフォーム」、「Hyper-V管理ツール」にチェックを入れる。
キャプチャ2.PNG
 Hyper-Vのインストールが始まる。再起動が必要。

2.仮想マシンの構築
 スタートメニューから「Windows管理ツール」-「Hyper-Vマネージャー」を選択。「新規」から「仮想マシン」を選ぶ。
キャプチャ3.PNGキャプチャ4.PNG
 適当に設定して仮想マシンを構築。
キャプチャ5.PNG
 「第一世代」を選択。
キャプチャ6.PNG
 ホスト機のリソースに合わせて適当に。32bitOS動かすのでそんなに大量にはいらんはず(銀英伝やるだけだし)。
キャプチャ7.PNG
 ホストOSからリモートデスクトップでつながないと音がでないので、「Default Switch」を選択。音無しでいいなら「接続しない」でもいい。
キャプチャ8.PNG
 適当にディスクサイズを決める。100GBもあれば十分。
キャプチャ9.PNG
 インストールメディアがあればそれを、isoイメージで入れるならそちらを選んで次へ。
キャプチャ10.PNG
 「完了」を押下すると、仮想マシンが作成される。Hyper-Vマネージャーから接続して、起動するとOSのインストールが始まる。
キャプチャ11.PNG
 音がならなくてよければここまででOK。銀英伝IIIのCDを入れてゲストのWindwos7を立ち上げてインストールすればそのまま遊べる。

2.リモートデスクトップを有効にする。
 Hyper-Vのクライアントからだと音の再生ができません。音を再生するにはリモートデスクトップでつなぐ必要があります。
 ここではまりました。IPが見えてるのにリモートデスクトップで繋がらなかったのですが、ゲストOSの方でリモートデスクトップ接続が有効になってませんでした。
 ゲストOSにログインして、エクスプローラーで「コンピューター」を右クリック。「プロパティ」を選択。
キャプチャ12.PNG
 「リモートの設定」を選択。
キャプチャ13.PNG
 「リモート デスクトップ」の設定で許可するのラジオボタンを選択。これでホストOSからゲストOSへリモートデスクトップで接続できる。
キャプチャ14.PNG

3.仮想のサウンドデバイスを登録
 仮想OSにサウンドのデバイスがないので、仮想のデバイスを登録する。以下のソフトウェアで代替が効く。どっちでもいいみたい。
 NETDUETTO β2 …32bit版を使う。
 Virtual Audio Cable …Lite版はフリー。

4.MIDIデバイスの登録
 銀英伝III SPは、BGMがMIDI音源必須なのでこのままだとBGMが聞けません。効果音は鳴ります。
 そいうえば、昔のサウンドカードってMIDIの項目あったけどいつの間にか見なくなりましたね。Windows7から辺りだったのかな?

 〇空想どうでしょう@ブログさんの
  Windows7のMIDI音源を変えよう 改のページを参考にしました。
  おすすめのソフトはもう別名のソフトに置き換わってるそうですが、そちらのソフトでも似たように設定すれば使えました。
  ただ、インストール時にバージョンチェックするようで、オプション付けて起動しないとインストールできないようです。(警告が出てくるのでそのまま実行すればよいだけですが)

  CoolSoft_VirtualMIDISynth_2.9.1.exe /skip_os_check

  私が落とした時は2.9.1が最新でした

キャプチャ15.PNG

一応これで、音付きで銀英伝III SPが遊べます
もともとのバグだったのか、権限周りのせいなのか初回時にセーブが不可でした。
最初にロードするとセーブファイルが作られるみたいで、その後はセーブできるようになりました。MIDI音源はソフトエミュレート重いのかちょっと音が途切れる感じしますね。マシンのスペックも関係してのかも。

試しにシナリオ1 アムリッツァ星域会戦を同盟でやってみました。挟撃される前にビッテンフェルトとケンプの艦隊を沈めて、突出してきたラインハルトの艦隊を沈めたところでアムリッツァ星域の戦術ターンが終わったと思って、そういえばキルヒアイス出てこなかったなぁと思ったら単独でイゼルローン回廊に攻め込んできてました。こっちはキャゼルヌが補給艦だけ引き連れて駐留(というか移動)してました。
キルヒアイス艦隊は、トールハンマーでなんとか撃退。アムリッツァ星域からも全艦隊引き上げて守り固めましたが、金がなくなって艦隊運用もままならない結果に。とりあえず初めからやるかなぁ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント