銀河英雄伝説外伝 螺旋迷宮1 第1話「エル・ファシルの英雄」

銀河英雄伝説外伝 螺旋迷宮1 第1話「エル・ファシルの英雄」を見ました。

銀河英雄伝説外伝_螺旋迷宮_1.jpg

DVD-BOXが出た時に買ったのですが(多分カードの買い物で最高額の買い物だった気がする)、いつも順番に見ようとして外伝から見始めますが帝国側のエピソードで挫折して本伝までたどり着けず。(DVD-BOX、作中の年代順に発送されててます、本伝前のエピソードである外伝が先にBOXで届いてた)
時間もあるし、本伝までたどり着ければポンポン見れるかなぁと思って再度チャレンジしてみることにしました。当分、時間はいっぱいあるし。

外伝の螺旋迷宮の話をDVD4枚、14話でアニメ化されてます。もう富山敬さん亡くなられてたのかな?本伝の3期の魔術師、還らず収録された辺りで亡くられてたはずだけど。外伝のヤンウェンリーは、郷田ほづみさんが演じられています。元々若い頃のヤンのエピソードなので、代える想定もあったみたいな話を聞いた気もします。フレデリカも子供時代で出てくるせいか桑島法子さんに代わってますね。

第1話「エル・ファシルの英雄」は、タイトル通りエル・ファシルでの出来事中心ですね。
帝国とのよくある戦闘だったのですが、予定調和で終わらず奇襲を受けて壊滅的な状態に。軍の上層部が民衆を見捨てて逃亡を企てる中、民間人の脱出計画を任せられたヤンがそれを利用して作戦を成功させるまで。

途中で回想シーンが入ってヤンの子供時代から軍に入る前のエピソードが挟まります。最近ノイエテーゼでやってたところとエピソード被りますね。

PDVD_001.JPG

ノイエテーゼだと、尺の問題なのか転科の話持ってくるのキャゼルヌになってたでしょうか。原作どっちだったかなぁ。外伝版だと別の人になっています。

PDVD_002.JPG

あと、ノイエテーゼだとリンチ少将に戦闘には連れてかれなかったってなってた気がしたけど、外伝では艦に乗ってますね。
ラップとジェシカが幼馴染設定だったりの変更はなんでだったんですかね。休暇に一緒に帰る理由づけとかだったのかな?
ここら辺の三人の関係は、アスターテの辺りを映画化した新たなる戦いの序曲で結構描かれてるかも。これは劇場(移転前のテアトル池袋だったはず)で見ました。DVD-BOXの二箱目が外伝と劇場版のセットになってるのでこれともう一個の映画は見直してますね。

銀河英雄伝説外伝 [レンタル落ち] (全17巻完結セット) [マーケットプレイス DVDセット]
銀河英雄伝説外伝 [レンタル落ち] (全17巻完結セット) [マーケットプレイス DVDセット]

銀河英雄伝説 Die Neue These 星乱 第一章
銀河英雄伝説 Die Neue These 星乱 第二章
銀河英雄伝説 Die Neue These 星乱 第三章

ラインの虜囚
月蝕島の魔物 (Victorian Horror Adventures)
髑髏城の花嫁 (Victorian Horror Adventures 2)
水晶宮の死神 (Victorian Horror Adventures 3)
蘭陵王
アルスラーン戦記〈1〉王都炎上
アルスラーン戦記〈2〉王子二人
アルスラーン戦記〈3〉落日悲歌
アルスラーン戦記〈4〉汗血公路
アルスラーン戦記〈5〉征馬孤影
アルスラーン戦記〈6〉風塵乱舞
アルスラーン戦記〈7〉王都奪還
アルスラーン戦記〈8〉仮面兵団
アルスラーン戦記〈9〉旌旗流転
アルスラーン戦記〈10〉妖雲群行
アルスラーン戦記読本
アルスラーン戦記〈11〉魔軍襲来
アルスラーン戦記〈12〉暗黒神殿
アルスラーン戦記〈13〉蛇王再臨
アルスラーン戦記〈14〉天鳴地動
アルスラーン戦記〈15〉戦旗不倒
アルスラーン戦記〈16〉天涯無限
魔境の女王陛下 薬師寺涼子の怪奇事件簿
薬師寺涼子の怪奇事件簿 海から何かがやってくる
薬師寺涼子の怪奇事件簿 白魔のクリスマス
タイタニア〈1〉疾風篇
タイタニア〈2〉暴風篇
タイタニア〈3〉 旋風篇
タイタニア4<烈風篇>
タイタニア5 <凄風篇>
新・水滸後伝 上巻
新・水滸後伝 下巻
創竜伝1超能力四兄弟
創竜伝2摩天楼の四兄弟
創竜伝3逆襲の四兄弟
創竜伝4四兄弟脱出行
創竜伝5蜃気楼都市
創竜伝6染血の夢
創竜伝7黄土のドラゴン
創竜伝8仙境のドラゴン
創竜伝9妖世紀のドラゴン
創竜伝10大英帝国最後の日
創竜伝11銀月王伝奇
創竜伝12竜王風雲録
創竜伝13噴火列島
創竜伝14<月への門>

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント