小説:涼宮ハルヒの直観

涼宮ハルヒの直観を読みました。谷川流さんの新刊になります。

9年ぶりくらいなんですかね。驚愕の内容も忘れて、てっきり続きなのかとおもったけど、短編、中編、長編の三作が収録さています。巻末見ると短編と中編はどこかで公開されてた感じなんでしょうか。長編は描き下ろしらしいです。

トータル的には留学生の話と鶴屋さんの話みたいな感じでしょうか。留学生は短編には出てこないですが(というか中編で唐突に出てきて絡んでくるキャラと思わなかった)。
長編は、作品の雰囲気を楽しむという意味では面白かったけど、冗長というか無駄に長い感じはしたかも。最後の方の古泉との会話で(朝比奈さんの気になったところとかも)少し、この先続くのかわからない伏線っぽい話もありましたが。

・あてずっぽナンバーズ
 あとがき読んだあとにタイトルに気づきました。(読み飛ばしてました)
 SOS団のみんなでお正月に初詣に行くお話。冒頭で古泉が謎の数字を口にしますが、キョンがそれを当てるクイズに挑戦するという話が一応裏であって…みたいなお話になっています。途中でハルヒが無自覚にそれに気づくみたいなところがあったり。最後の話の古泉の考察とも少しつながるといえば繋がるのかも。

・七不思議オーバータイムズ
 次の話の前振り部分もあるのかな?北高に学校の七不思議がないということで、ハルヒが常識外な七不思議を作って実現化してしまう前に、SOS団の面々で適当にオチがつきそうな七不思議を考えてしまおうというお話。ここの話の発端でミステリー研の留学生が登場します。
 不思議が7つもあるのでちょっと中だるみする感がありますね。読者的にも中のキャラ的にも。

・鶴屋さんの挑戦状
 ちょっと長い話でしたね。着地点どこなのかなぁという感じで。
 旅行に出た鶴屋さんからメールで、旅行中に起きた事件についての問題を解き明かしてほしいという依頼がSOS団の元に来て…ということでSOS団の面々+1(留学生)で真相を解き明かす的なお話になっています(四捨五入すると)。
 少し集中しきれてなかったのか(私が)、始めから外国の話だと思ってたし、鶴屋さんの友達もみんな外国人なのかと思ってし、解決編でそうだったの?みたいになってしまいました。ミステリーに造形が深い人が読むとまた違ったお話だったのかもしれません。
 シリーズものとしては、最後の古泉の考察(の視点)が面白かったかも。ハルヒが自分が真相を解き明かすという意思より、キュンに期待する無意識が起こした結果なのかなぁ的な。
 鶴屋さんはSOS団にこういう問題だすの意外でもなかったかなぁと思ったけど、印象の問題で実際はそうでもなかったんですかね。彼女+1のコンビでこれからSOS団と対立ではないけど、ちょっと距離をおいた基軸になったりするんですかね。続くのかわからんけど。

涼宮ハルヒの直観 「涼宮ハルヒ」シリーズ (角川スニーカー文庫) - 谷川 流, いとう のいぢ
涼宮ハルヒの直観 「涼宮ハルヒ」シリーズ (角川スニーカー文庫) - 谷川 流, いとう のいぢ

涼宮ハルヒの驚愕(前)
涼宮ハルヒの驚愕(後)
劇場版 涼宮ハルヒの消失
劇場版 涼宮ハルヒの消失
絶望系

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント