小説:探偵はときどきハードボイルド

探偵はときどきハードボイルド を読みました。かたやま和華さんの新刊になります。

面白かったけど、ちょっと短いというかこの一冊だとなんだか中途半端な感じもあったかも。
雑司が谷で街のなんでも屋兼探偵(コンプライアンス重視)をやっているアラサー男のお話になります。
事件を追いかけているときに偶然?であった男の子が亡くなった大家さんの孫で、遺産として引き継いだふくろう荘で、探偵の仕事をしつつ、一緒に暮らしてくみたいな話になるのかなぁという感じ。

今一分け方がよくわからん感じでしたが、2話で一つのお話が完結する感じで、特殊詐欺の事件と浮気調査のお話があって、最後1話で非行に走りそうな少年を助けつつ終わるみたいな感じになっています。雑誌に掲載されてたとかなんでしょうか。
なんというかシリーズ化される予定なのか、尻切れトンボみたいな感じも受けますね。
オレンジ文庫だし、実は男の子じゃないみたいな展開はないのかな?なにか事情はありそうな感じですが。
探偵さんは街のいいお兄さん(おじさん?)という感じで、男の子が大家を口実にツンデレっぽく世話を焼くみたいな関係になっています。あと、探偵さんが独り言のセリフ多め。

ちょっとこの巻だけだと消化不良な感じですね。


探偵はときどきハードボイルド (集英社オレンジ文庫) - かたやま 和華, ほたか 乱
探偵はときどきハードボイルド (集英社オレンジ文庫) - かたやま 和華, ほたか 乱

楓の剣!
楓の剣!〈2〉ぬえの鳴く夜
楓の剣!〈3〉―かげろふ人形
不思議絵師 蓮十―江戸異聞譚
不思議絵師蓮十―江戸異聞譚〈2〉
紫陽花茶房へようこそ ~ふたりのための英国式魔法茶~
紫陽花茶房へようこそ~夜の茶会は英国式で~
紫陽花茶房へようこそ ~夜のお茶会への招待状~
猫の手、貸します 猫の手屋繁盛記
化け猫、まかり通る 猫の手屋繁盛記
大あくびして、猫の恋 猫の手屋繁盛記
されど、化け猫は踊る 猫の手屋繁盛記
笑う猫には、福来る 猫の手屋繁盛記
きつね王子とひとつ屋根の下
猫伯爵の憂鬱 ~紅茶係はもふもふがお好き~
私、あなたと縁切ります! ~えのき荘にさようなら~

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント