小説:伝説のおねえさんたちが、勇者のいうことを聞いてくれないのですが

伝説のおねえさんたちが、勇者のいうことを聞いてくれないのですが を読みました。嬉野秋彦さんの新刊になりますが、なんか読むのに時間かかりすぎてもはや新刊ではない感じですね。
なんというかどこらへんを愉しめばいいのかよくわからん小説だったかも。

色々な異世界に召喚されて世界を救ってきた勇者が主人公。主人公が所謂、俺TUEEEEみたいな小説です。
何百年に一度、(魔)王様同士でてっぺん決めて以後何年かその王が世界を統治するみたいなルールがある世界が舞台。とある王様に召喚された主人公、武器として与えられたのが怪力自慢の女性と魔法使いの女性二人組で…みたいなお話ですが、なんかストーリーはあってないようなもので、なんとなく敵が攻めてきてピンチになりかけるけど勇者が救うみたいな感じになっています。

あとがきによると、何かに公開してた小説を加筆したものみたいです。
一応、元ネタというか元になった企画に関する話が少し書かれています。

初めて読んだのが戦争妖精で次が魔紋修復士だったけど、嬉野秋彦さん的にはそれのほうが例外で、今回みたいな小説メインで書かれるのが多かったりしたのかなぁ。なんか最近読んだのタイトルも含めてこんなのばっかりな感じだけど。

伝説のおねえさんたちが、勇者のいうことを聞いてくれないのですが (ファミ通文庫) - 嬉野 秋彦, てつぶた
伝説のおねえさんたちが、勇者のいうことを聞いてくれないのですが (ファミ通文庫) - 嬉野 秋彦, てつぶた

黒鋼の魔紋修復士1
黒鋼の魔紋修復士2
黒鋼の魔紋修復士3
黒鋼の魔紋修復士4
黒鋼の魔紋修復士5
黒鋼の魔紋修復士6
黒鋼の魔紋修復士7
黒鋼の魔紋修復士8
黒鋼の魔紋修復士9
黒鋼の魔紋修復士10
黒鋼の魔紋修復士11
黒鋼の魔紋修復士12
黒鋼の魔紋修復士13
彼女は戦争妖精1
彼女は戦争妖精2
彼女は戦争妖精3
彼女は戦争妖精4
彼女は戦争妖精 小詩篇1
彼女は戦争妖精5
彼女は戦争妖精 小詩篇2
彼女は戦争妖精6
彼女は戦争妖精7
彼女は戦争妖精 小詩篇3
彼女は戦争妖精8
彼女は戦争妖精 9
ダンジョン・サーベイヤー 遺跡の街の“人間嫌い"
ダンジョン・サーベイヤー2 帰ってきた“神秘の瞳"
剣魔剣奏剣聖剣舞
剣魔剣奏剣聖剣舞2
魔術師たちの就職戦線
魔術師たちの就職戦線2
赫光の護法枢機卿
赫光の護法枢機卿2
いつかのレクイエム case.1 少女陰陽師とサウル王の箱
いつかのレクイエム case.2 少女忍者と剣の悪魔
Ruina 廃都の物語 1
Ruina 廃都の物語 2
ご近所の平穏を乱す奴が相手なら、アラフィフ勇者の最強スキルを使わざるをえない!
ご近所の平穏を乱す奴が相手なら、アラフィフ勇者の最強スキルを使わざるをえない!2

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント