小説:三途の川のおらんだ書房 迷える亡者と極楽への本棚

三途の川のおらんだ書房 迷える亡者と極楽への本棚 を読みました。野村美月さんの新刊になります。これはまだ先月出た本なので比較的新しいですね。 死んだ人を相手に、三途の川の手前でその人の最後の一冊を選んで売ってくれる本屋さんを舞台にした短編集みたいな小説になっています。 続けざまに本にまつわる別シリーズ?を書かれてるけど、たまたま…
コメント:0

続きを読むread more