テーマ:

小説:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。-新-1

小説:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。-新-1 を読みました。渡航さんの小説になります。TVアニメ「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完」Blu-ray 第1巻の特典小説になります。 やっぱり1枚に2話しか入ってないと物足りないですね。ボックスとかで一気に出してもらったほうがありがたいかも。 小説の方は、本編の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小説:神話の密室―天久鷹央の事件カルテ―

神話の密室―天久鷹央の事件カルテ― を読みました。知念実希人さんの新刊になります。 中編が2つです。時間的にはつながってるけど、話としては別個のお話ですね。プロローグは2編目のお話に続くものになっています。 ・バッカスの病室  ある日急患で運び込まれてきた酔っぱらいと思われる作家で、入院することになったのですがアルコールが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小説:俺の妹がこんなに可愛いわけがない(15) 黒猫if 上

俺の妹がこんなに可愛いわけがない(15) 黒猫if 上 を読みました。伏見つかささんの新刊になります。 黒猫がヒロインのifものになります。ゲームとかの脚本のノベライズなのかと思ったら描き下ろしとのことです。後書きによると、そっちの脚本とかは伏見さんが書かれてなかったそうなので。 ひさしぶりに伏見つかささんの小説で面白かった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小説:魔弾の王と聖泉の双紋剣 3

魔弾の王と聖泉の双紋剣 3を読みました。瀬尾つかささんの新刊になります。魔弾の王のシリーズのifものみたいな感じのお話です。 アスヴァールを舞台にティグルとリムがギネヴィアに協力して蘇った昔の王様に対抗するみたいなお話になっています。 ティグルとリムは昔の寺院みたいなところに行くとアルトリウスの過去が見えることがわかったので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小説:サッカーボーイズ卒業 ラストゲーム

サッカーボーイズ卒業 ラストゲーム を読みました。はらだみずきさんの小説になります。 文庫化したら読もうかなぁと思ってたんですが気づいたら5年近くたってました。なんかもうU-18のところまで単行本版はでてるみたいですね。文庫もU-17の代まで出てるらしいです。 U-15になってからの続きですね。 ちょっとよくわからなかった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小説:記憶書店うたかた堂の淡々

記憶書店うたかた堂の淡々 を読みました。野村美月さんの新刊になります。 記憶を消したり移し替えたりできる能力を持った現野一夜(お話のメインじゃない)が依頼を受ける形で、いろいろな人物の記憶を操作していくお話が短編形式で収録されています。 6編載ってるので一つ一つはそんなに長くないですね。なんで記憶を操れるのかとかそういうところは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小説:りゅうおうのおしごと!13

りゅうおうのおしごと!13 を読みました。白鳥士郎さんの新刊になります。 構成的には短編集みたいな形でした。 裏のお話として、引っ越しで海外に行くことになった澪をJS研の子たちが空港に見送りに行くお話があって、その合間に短編が差し込まれている形に。 短編の方は、ドラマCDで出た脚本を小説にしたものが収録されているみたいです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小説:ビブリア古書堂の事件手帖II ~扉子と空白の時~

ビブリア古書堂の事件手帖II ~扉子と空白の時~ を読みました。三上延さんの新刊になります。 シリーズ化されるのですかね。帯に再会と書かれてるけど。 今回は横溝正史の本が題材になっています。短編(中編?)3本ですね。一つ一つはそれなりにオチのある短編だけど、トータルで見るとなんかオチが弱い感じだったかも。1本目と3本目は特に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小説:魔弾の王と凍漣の雪姫 6

魔弾の王と凍漣の雪姫 6 を読みました。川口士さんの新刊になります。 ロランの守る砦が攻められたと知ってブリューヌへ戻ったティグルたち。 庶子の王子バシュラルが砦に立ち寄ったレグナス王子狙っての行動でした。 ガルロン公爵の後ろ盾や流れてきたタラードの助力、不思議な武器の力もあって砦は攻略されてしまいます。 遅れて到着したティ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小説:Re:ゼロから始める異世界生活 短編集6

Re:ゼロから始める異世界生活 短編集6 を読みました。長月達平さんの新刊になります。 3編収録されています。最後の2つは関連あるのかと思ったけどそうでもないのかな? ・―隠れ里の鬼姉妹Ex 祝福の日  レムも出てくるし魔獣騒ぎが終わって王都に行く前くらいのお話になるのかな?  ラムが何かでレムを祝おうというのにスバルが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小説:灰と幻想のグリムガル level.16 さよならの訳さえ僕らは知らないままで

灰と幻想のグリムガル level.16 さよならの訳さえ僕らは知らないままで を読みました。十文字青さんの新刊になります。 メリイ以外、記憶を失ってオルタナに戻ったハルヒロたち。すったもんだあったあと、オルタナは占領されてしまっていて、アラバキアの遠征軍によってオルタナは奪還することができたのですが…というところからの続きになりま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小説:後宮の烏4

後宮の烏4 を読みました。白川紺子さんの小説になります。 後宮で起きる事件をちょっと不思議な力を持っている(or不思議な位置づけの?)妃が解決していくみたい感じの物語でしたが、ちょっと方向性が見えてきた感じでしょうか。事件を解決していくスタイルは変わらないですが。終わらない物語という感じではなさそうな感じに。 ・蚕神  厳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小説:むすぶと本。 『さいごの本やさん』の長い長い終わり

むすぶと本。 『さいごの本やさん』の長い長い終わり を読みました。野村美月さんの新刊になります。 こっちのほうが先に(一日だけ?)でたみたいですが、今月出た文庫のむすぶと本。 『外科室』の一途と同じ主人公の物語になります。 こっちのほうが少し面白かったけど、ちょっと最後の話は拍子抜けというかなんか大きなオチみたいなのあるのか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小説:戦翼のシグルドリーヴァ Rusalka(下)

戦翼のシグルドリーヴァ Rusalka(下)を読みました。長月達平さんの新刊になります。 新たに戦力も増強してピラーとの戦いの日々を過ごしてたルサルカたち。 そんななかオーディンからある姉妹を保護するようにルサルカたちに依頼があり、救援に向かうことになるのですが…というお話。 なんというかお話自体はあんまり奇をてらったとこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小説:むすぶと本。 『外科室』の一途

むすぶと本。 『外科室』の一途 を読みました。野村美月さんの新刊になります。久しぶりですね。 本の声が聞こえる高校生むすぶが主人公の物語になります。相棒というかパートナーに本の女の子がいるのですが、ちょっとここの設定があんまり生きてなかった感じがしたかも。一応シリーズものなんですかね。はじめと最後のお話は結構面白かったですが。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小説:Re:ゼロから始める異世界生活 23

Re:ゼロから始める異世界生活 23 を読みました。長月達平さんの新刊になります。 目覚めたらスバルの記憶がなくなっていたところからの続きとなります。 恐らくタイゲタで誰かの死の書を読んだことが原因と思われますが、またゼロからのスタートを切ることに。ただ、自分の能力が死に戻りであることも気づかず、何者かに殺されることになって疑心…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小説:後宮の烏3

後宮の烏3を読みました。白川紺子さんの小説になります。 後宮を舞台にしたお話ですが、なんというかメインのお話は進んでいるっぽいけど、個々のお話は取り留めがない感じではあったかも。 何が主筋なのかというのもありますが。 ・雨夜の訪い  一発変換できなかったけどそういう読み方しないのかな。フリガナ振ってあったから読めたけど。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小説:俺の妹がこんなに可愛いわけがない(14) あやせif 下

俺の妹がこんなに可愛いわけがない(14) あやせif 下 を読みました。伏見つかささんの新刊になります。 付き合うことになった京介とあやせのifものの続きですね。 なんか元々ゲームのシナリオだったみたいですが、あんまり山とかオチとかある感じでもなかったかも。ファン向けの小説というか。 付き合うことになった京介とあやせの話と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小説:マルドゥック・アノニマス 5

マルドゥック・アノニマス 5 を読みました。冲方丁さんの新刊になります。 出たの先月ですが、普段通勤の時しか本読んでないので時間かかってしまいました。今月になってやっと週2勤くらいになったので。 お話自体はほとんど進まなかったですね。というか連載時もこの形式だったのでしょうか? バロットたちによるウフコックの救出からの続き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小説:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。アンソロジー: オールスターズ (4)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。アンソロジー: オールスターズ (4) を読みました。 なんか設定とか引っかかったり、もはや関係なくない?というのが多かった(長かった?)かも。 ・たとえ僕たちの青春ラブコメがまちがっていたとしても、  石川博品さんという方が書かれています。いきなり重いというかシリアスなシナリオでし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小説:楽園ノイズ

楽園ノイズ を読みました。杉井光さんの新刊になります。 面白かったです。 PV稼ぐために女装して音楽をアップロードしてた主人公村瀬真琴。入学した高校の音楽の先生にバレて、みんなにバラされたくなかったら仕事を手伝えと、授業の準備なんかを手伝わされるのですが…というお話。 そこにピアニストの女の子、華道の家のドラマー、不登校のボー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小説:戦翼のシグルドリーヴァ Rusalka(上)

戦翼のシグルドリーヴァ Rusalka(上)を読みました。長月達平さんの新刊になります。 Re:ゼロ以外の作品書かれると思わなかったので、見逃しました。スニーカー文庫の作品は、林トモアキさんのくらいしか今は読んでなかったし。ロードス島戦記の続編もスニーカーだったでしょうか。 アニメ化作品のスピンオフとのことです。あとがきによ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小説:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。アンソロジー 3 結衣side

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。アンソロジー 3 結衣side を読みました。 いつも本は通勤の帰りに電車の中で読んでたのですが、在宅になったのとここ数週間は部屋の片づけ(本の自炊)とかできず、やっと読みました。 少し着た時に読み始めてたんですが、なんかこれじゃないな感が強くて進まず。 ・こう見えて、由比ヶ浜サブレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小説:虚構推理

虚構推理 を読みました。城平京さんの小説になります。しろだいらきょうさんって読むんですね。平城京みたいだなぁと思ってたんですが。 深夜にアニメでやってて(最終話だったのかな?)、その後Amazonプライムで全話見て面白かったので買って読んでみました。 Amazon、コロナの影響かこの巻以外の2冊は在庫なくなってましたね(この巻注…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小説:灰と幻想のグリムガル level.15 強くて儚きニューゲーム

灰と幻想のグリムガル level.15 強くて儚きニューゲーム を読みました。十文字青さんの小説になります。 最新刊に追いついちゃいましたね。 パラノから脱出したハルヒロたちでしたが運営?っぽいのに記憶を消されてオルタナの始まりの地点に放り込まれることに。 取引を持ちかけられるも断ったハルヒロたち。外に出てみるとオルタナはゴブ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小説:灰と幻想のグリムガル level.14++ もし君とまた会えたなら

灰と幻想のグリムガル level.14++ もし君とまた会えたなら を読みました。十文字青さんの小説になります。 これも短編集みたいですね。 ・ex.4 正義と正義  まだマナトが居た頃のお話。ランタに因縁?をつけられてモグゾーとランタが料理対決をすることに。ランタに食材を盗まれるハプニングなどもありましたが…。 ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小説:灰と幻想のグリムガル level.14+ 相変わらずではいられない

灰と幻想のグリムガル level.14+ 相変わらずではいられない を読みました。十文字青さんの小説になります。 前巻の続きではないのですかね。 短編がいくつか収録されています。1つの話が何話かに分かれてて、それが何本かという感じ。 ・ex.1 さらば愛しのゴブリガル  パーティーの全員がゴブリンになっているという設定の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小説:灰と幻想のグリムガル level.14 パラノマニア [parano_mania]

灰と幻想のグリムガル level.14 パラノマニア [parano_mania] を読みました。十文字青さんの小説になります。 帯見るとパラノ編完結ってなってました。なんというか急にとりとめもなく違う話が入った感じですね。シホルの元の世界での話が出てきたのが新しいといえば新しかったのかもですが。 テントから迷い込んだ他界パ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小説:灰と幻想のグリムガル level.13 心、ひらけ、新たなる扉

灰と幻想のグリムガル level.13 心、ひらけ、新たなる扉 を読みました。十文字青さんの小説になります。 修行のため、唐突にパーティーを離れたユメを残し、旅を続けるハルヒロたち。とある商人の護衛を引き受けて、オルタナを目指すのですが、途中レスリーキャンプと呼ばれる謎のテントを見つけて中へ入ってしまい…というお話。 そんなに広…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小説:灰と幻想のグリムガル level.12 それはある島と竜を巡る伝説の始まり

灰と幻想のグリムガル level.12 それはある島と竜を巡る伝説の始まり を読みました。十文字青さんの小説になります。 あとがきによると、予告通りとあるので前巻になんか明るい話になるよとか書いてあったんですかね。 雰囲気が急に変わって冒険小説みたいな感じになっています。骨休め回みたいな感じなんでしょうか。ここ最近シビアな展開続…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more